使用教材

中級へ行こう 日本語の文型と表現55 第2版

準備物

・地震のビデオ
・絵カード or 写真

語彙や文法の導入

1. 話しましょう

ここでは、第2課のテーマである、地震について会話をしながら、未習の語彙を導入したり、本文を読むにあたって手助けとなる情報を学習者に与えていく。

  「話しましょう」の中で全ての言葉を導入するのは時間が足りないし、難しいのと思うのでキーワードとなる言葉を導入したり、事前に単語リストを配っておくなどして、時間短縮すると良い。

ウォーミングアップ
T:(地震のイラストを見せて)みなさん、絵を見てください。これは何ですか。
S:地震です。
T:そうですね。

板書
地震が______

T:「地震が」動詞は何ですか?
S:起きる
T:はい、そうです。

地震が「起こる」と地震が「起きる」の違いは何ですか?
どちらも同じ意味です。ニュアンスの違いもほとんどありません。「地震が起こる」というのが伝統的な言い方で、「地震が起きる」はどちらかというと新しい表現です。

 

T:みなさんの国では地震がありますか。
S:はい、たまにあります。
T:地震が起きたら何をしますか。
S1:外に出ます。私の国は高い建物がたくさんありますから、危ないです。
T:どうして、危ないですか?
S1:ビルが壊れるかもしれませんから。
T:S2さんは?
S2:小さい地震でしたから、何もしませんでした。
T:じゃあ、誰か大きい地震を経験したことがありますか?
S:ないです。

T:じゃあ、少しビデオを見ましょう。
T:(大きい地震のビデオを見せる)
T:どうでしたか。
S:とても怖いですね。危ないですね。など。
T:地震の時、部屋は動いていましたね?
S:はい。
T:どのように動いていましたか。
S:右に動いたり、左に動いたり。

T:そうですね。右に動いたり、左に動いたりすることを「揺れる」と言います。
T:じゃあ、どのぐらい揺れましたか?5分?10分?
S:30秒ぐらいです。
T:30秒ぐらい揺れて、どうなりましたか?
S:止まりました。
T:さっき揺れていました。そして止まりましたね。これを「揺れがおさまる」といいます。

T:じゃあ、さっき、何が揺れていましたか?
S:椅子、机、テーブル
T:そうですね。椅子、机、テーブル、このグループを「家具」と言います。

T:みなさん、今、地震のビデオを見ましたね。もし、大きい地震があった時、どうすればいいですか。そして、揺れがおさまった後、どうすればいいですか。大きな地震が起きる前に、どんな準備をしておいた方がいいですか。考えてみましょう。

ペア、もしくは、全員でディスカッションして、学生の答えを板書していく。会話の中で新出語彙が導入できそうであれば、導入する。(連絡方法、避難場所、万一、慌てる

板書

[地震が起きた時どうしますか。]

(学生の意見を書く)

[揺れがおさまった後、どうしますか。]

(学生の意見を書く)

[大きな地震が起きる前にどんな準備をしておいた方がいいですか。]

(学生の意見を書く)

T:それでは、今日は地震について勉強をしましょう。

2. ことばの練習

媒介語で未習の語彙を紹介 or 事前に宿題として意味を調べさせる。
それぞれの単語をリピート、意味を確認した後、教科書の「ことばの練習」を実施する。

単語意味
ストーブstove
ガスコンロgas ring / gas stove
揺れquake / tremor
(揺れが)おさまる[quake] subside
慌てるpanic / hurry
食料food supplies
家具furniture
その他the others
万一just in case
連絡方法means of contact
避難場所evacuation / refuge area



3. 新しい文型

(1)〜のでしょうか

[意味]
疑問に思うことを丁寧に問いかける表現。

[英訳]
Used when someone ask a question in a polite way.

[例文]
・大きい地震が起きたら、どうすればいいのでしょうか。
・この部屋を使うのに許可が必要なのでしょうか。
・日本にはどんな祭りがあるのでしょうか。

①導入(読解前に説明してもOK)
T:さっき、地震の話をしましたね。私はみなさんに聞きました。地震が起きた時、どうすればいいですか。(板書)
T:もう少し丁寧に言いたいとき、何といいますか。
S:地震が起きた時、どうすればいいでございますか。
T:地震が起きた時、どうすればいいのでしょうか。と言います。

T:日本はどんな国ですか?
S1:綺麗な国です。
T:そうですね。綺麗ですね。どうしてですか。S2さんに丁寧に聞いてください?
S:どうして、日本は綺麗のでしょうか?
T:どうして、日本は綺麗のでしょうか。

板書
どうして 日本は きれいなのでしょうか

②基本練習:変換練習
教科書では5問用意されているので、もっと練習させたければ、追加問題を準備しておくこと。

③短作文
「日本について不思議だと思うこと」をテーマに短い作文を書かせる。
短作文は時間がなければスキップ or 宿題とする。

単語意味
津波注意報tsunami advisory
避難訓練evacuation drill
不思議なstrange
もつ(幸福感を〜)have (feeling of happiness)

(2) 「自動詞・他動詞」の整理

①導入(復習)
絵カードを使って、自動詞、他動詞の復習をする。
・自動詞か他動詞かを答えさせる。
・自他のペアを答えさせる。
・文を作らせる。 (例)ドアが空いています。

②基本練習
教科書では、自・他のペアを選ばせる問題と穴埋め問題が用意されている。

(3) V(よ)うとしてもVない

[意味]
動作を実現しょうと努力するが、実現していないことを表す。

[英訳]
Though I try to V, it will not V
(Used when someone's efforts to do something cannot be realized or are in vain.)

①導入
T:これは何ですか?
S:ドアです。
T:ドアを?
S:開けます。
T:(ドアを一生懸命に開けるジェスチャーをして)あれ・・・・。んーーー。
T:ドアは・・・開きましたか?
S:いいえ。
T:ドアをあけます。頑張ります。でも、ドアは・・・あきません。
T:ドアをあけようとしても、あきません。

T:(エアコンのリモコンをもって)エアコンのリモコンです。エアコンを?
S:つけます。
T:(スイッチを押すジェスチャ-をして)あれ・・・。ん?
T:エアコンはつきましたか?
S:いいえ。
T:エアコンをつけます。えいっ、えいっ、えいっ!でも、エアコンは・・・つきません。
T:エアコンをつけようとしても、つきません。

板書

ドアをあけようとしても、あきません。
エアコンをつけようとしても、つきません。

V1ようとしても、V2ない
V1:他動詞、V2:自動詞

T:ドアをあけようとしても、あきません。ドアをあけます。頑張ります。でも、ドアがあきません。エアコンをつけようとしても、つきません。エアコンをつけます。えいっ、えいっ、えいっ!でも、つきません。

T:「あけようとしても」、「つけようとしても」、これは他動詞ですか、自動詞ですか?
S:他動詞です。
T:形は?
S:意向形です。

T:「開きません」、「つきません」、これは他動詞ですか、自動詞ですか?
S:自動詞です。
T:そうですね。

②基本練習:文作り
教科書では3問用意されているので、もっと練習させたければ、追加問題を準備しておくこと。

(4)〜のは〜だ

[意味]
・後件で言いたいことを述べる表現。この文型を使うことで、文全体の主張が強まる。

[英訳]
It is 〜 that 〜.
(Used to focus on the latter part of the sentence.)

[例文]
・地震が起きた時、一番大切なのは慌てないことだ。
・日本語を勉強するとき、一番難しいのは漢字だ。
・問題なのは物価が高いことだ。

①導入
T:(板書)漢字を覚えます。
T:難しいですか?
S:はい、とても。
T:(板書)とても難しいです。
T:1つの文で言ってください。
S:漢字を覚えるのは難しいです。

T:(板書)映画を見ます。楽しいですか?
S:はい、楽しいです。
T:1つの文で言ってください。
S:映画を見るのは楽しいです

T:S1さんは時々、本を読みますか。
S1:はい。本を読みます。
T:(板書)本を読みます。
T:好きですか。
S1:はい。
T:1つの文で言ってください。
S1:本を読むのが好きです。

T:いいですね。みなさん、初級で勉強しましたね。
S:はい。
T:もう1つ他の言い方があります。
T:「漢字を覚えるのは難しいです。」、「難しいのは漢字を覚えることです」
T:「映画を見るのは楽しいです。」、「楽しいのは映画を見ることです。」
T:「本を読むのが好きです。」、「好きなのは本を読むことです」

板書
漢字を覚えるのは難しいです。
→難しいのは漢字を覚えることです。
映画を見るのは楽しいです。
→楽しいのは映画を見ることです。
本を読むのが好きです。
→好きなのは本を読むことです。

②基本練習
教科書では5問用意されているので、もっと練習させたければ、追加問題を準備しておくこと。

③応用練習
教科書では3問用意されているので、もっと練習させたければ、追加問題を準備しておくこと。

④短作文
「日本の生活」をテーマに作文を書かせる。

単語意味
どんどんsteadily / rapidly

(5) 「自動詞+ている / 他動詞 + てある, +ておく」の整理

①基本練習
会話を読んで、(    )に「ている」、「てある」、「ておく」のどれかを書かせる。



本文読解

1. QAの確認

本を読む前に、 まず、QAの内容を確認する。

T:じゃあ、これから地震の文章を読みます。はじめに、プリントを配ります。1枚は地震の文章で、もう1枚は文章の問題です。
(読み物とタスクシートを配布)

T:じゃあ、最初にタスクシートを見てください。問題は3つあります。文章の質問です。みなさんには文章を読んで、答えを考えてもらいます。

2. 本文を読む

T:最初に私が文章を読みますから、みなさんは聞いてください。そしてどんな話か考えてください。私が読んだ後、みなさんが文章を読んで答えを考えます。
(教師が文章を全て読む:範読)

T:はい、今からみなさんに文章を読んでもらいます。一人で声に出さないで読んでください。文章を読みながら答えを考えて、タスクシートに書いてください。
(わからない言葉があっても、辞書は使わないで頑張って読みましょう)
S:(個々で黙読し、質問の答えを考えて書く)
T:(机間巡視)

3. ピア活動

T:では、読めましたか?みなさん、どんな話かわかりましたか?S1さんどうですか?
S1:わかりました。
T:S2さんどうですか?
S2:あまりわかりませんでした。
T:そうですか。どんなところが難しかったですか。
S2:時間が足りなかった。単語が難しかったなど。
T:そうですか。まだ、全部できていない人もいるかもしれませんが、グループで答えを考えましょう。じゃあ、これからペアを作ります。S1さんとS2さん、S3さんとS4さん、S5さんとS6さんがペアです。
S:(席を移動する)
T:じゃあ、グループの人と一緒に、どんな話だったか話してください。その後、質問の答えを相談してください。答えが同じじゃない時は、ペアで相談して答えを考えてください。
S:(ペアで答えを検討する)
T:(机間巡視)

4. 答えの確認

T:ペアでたくさん相談しましたか。それでは、一緒に答えを確認しましょう。

Sに質問文を読ませ、答えを確認する。

5. 本文理解・学習者の国との比較

読解後にもう少し詳しく、本文の内容をチェックしたり、学習者の国ではどうか確認したりする。

質問例
①ストーブやガスコンロの火がついていたら消しましょう。
→どうしてですか。
②揺れがおさまったら、閉まっているドアや窓を開けてください。
→どうしてですか。
③エレベーターは使わないでください。
→どうしてエレベーターを使ってはいけませんか。
④日本は地震が多い国です。
→みなさんの国はどうですか。
⑤背が高い家具
→例えば、どんな家具ですか。
⑥決めておきましょう。
→地震が起きる前に決めますか。地震が起きた後に決めますか。どうしてわかりますか。

後作業:リスニングや作文など

1. チェックシート

2択問題。3〜5分程度で解かせて、答え合わせをする。時間がなければ宿題にしても良い。

2. 聴解タスクシート

CDを聞きながら、空欄の部分を記入させる。CDにはゆっくりしたスピードとナチュラルスピードが録音されているので、学習者のレベルに応じて選択すると良い。ゆっくりスピードでも生徒が聞き取れなければ、教師がもっとゆっくりしたスピードで読むと良いだろう。

3. シャドーイング

これは教科書にはないタスクだが、時間があれば実施する。

4. 作文

できる限り時間内に書かせて提出させる。

まとめ問題・小テスト

中級へ行こう 第2課のまとめ問題は、こちらの[海外専門 日本語教師は見た]を運営している方が公開してくださっているので、参考にすると良いと思います。

●URLはこちら
http://hire39.com/chukyu-iko-2

スポンサーリンク
関連キーワード