使用教材

できるようになること(Can-do)

数量、人数、時間、期間などを言い表すことができる。

PにNが1つあります。

導入

T:(机の上に消しゴムを並べて) 机の上に何がありますか。
S:消しゴムがあります。
T:そうですね。机の上に消しゴムがあります。
ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ・・・。机の上にここのつ消しゴムがあります。
物を変えてもう一度する。
T:これはなんですか。
S:りんごです。
T:そうですね。りんごです。りんごがあります。
T:りんごが、ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ・・・・やっつ。りんごが8つあります。
他にも、卵、時計、カバンなどの絵、もしくは実物を用意して繰り返す。数える前は数える物の名前を確認すること。

板書
Place__に thing(s)____が____________あります。
1:ひとつ
2:ふたち
3:みっつ
4:よっつ
5:いつつ
6:むっつ
7:ななつ
8:やっつ
9:ここのつ
10:とお

練習

●ひとつ〜とおまで、スラスラ言えるように発話練習をする。

●絵を見せて、物がいくつあるか答える。
T:これはなんですか。
S:時計です。
T:はい、時計です。時計が4つあります。じゃあ、S1さん?
S1:みかんがここのつあります。

●教科書の問題(B−1)

いくつありますか。

T:(WBにりんごを5つ描いて)これはなんですか?
S:りんごです。
T:りんごがひとつ、ふたつ・・・。
S:5つあります。
T:そうですね。りんごが5つあります。りんごを2つキムさんにあげます。りんごがいくつありますか。
S:3つあります。

板書
thing(s) が いくつありますか。
→  みっつ あります。

練習

●絵を見せて、物がいくつあるか答える。(チェーンドリルで)
T:S1さん、これはなんですか。
S1:みかんです。
T:はい、みかんですね。みかんがいくつありますか。
S1:みかんが3つあります。
T:そうですね。じゃあ、S1さん、S2さんに。

Nが1枚あります。/ Nが1台あります。

ポイント
「〜台」を使う単語の絵カードと、「〜枚」を使う単語の絵カードを使ってそれぞれ、違う助数詞が使われることを考えさせる。

導入

T:これは何ですか。
S:パソコンです。
T:そうですね。じゃあ、これは?
S:切手です。
T:はい、そうです。
(順に単語の確認をしたのちに、絵カードを2つのグループ(枚グループ / 台グループ)に分類する。)
T:(再度)これは何ですか?
S:パソコンです。
T:そうですね。パソコンです。パソコンが5台あります。じゃあ、これは何ですか?
S:自転車です。
T:はい、自転車です。自転車が3台あります。じゃあ、これは何ですか?
S:バスです。
T:はい、バスです。バスが?
S:4台あります。
T:はい、バスが4台あります。

板書
machine(s) or vehicle(s) が  __________だい あります。

T:(再度)これは何ですか?
S:切手です。
T:そうですね。切手です。切手が4枚あります。じゃあ、これは何ですか?
S:紙です。
T:そうですね。紙です。紙が6枚あります。じゃあ、これは何ですか?
S:お皿です。
T:はい、お皿です。お皿が?
S:お皿が5枚あります。

板書
flat or thin thing(s) が  __________まい あります。

練習

●絵を見せて、「枚」を使うのか、「台」を使うのか答える練習
T:(車の絵を見せて)「枚」or「台」?
S:「台」

●絵を見せて、物がいくつあるか答える。始めは「〜枚」、「〜台」それぞれ別で練習し、定着したら、混ぜて練習をする。
T:これはなんですか。
S:車です。
T:はい、車です。車が3台あります。じゃあ、S1さん?
S1:バイクが6台あります。
T:そうですね。じゃあ、S1さん、S2さんに。


何台 / 何枚

導入

T:これはなんですか?
S:自転車です。
T:自転車が1台、2台・・・?
S:3台あります。
T:そうですね。自転車が3台あります。あ、私は昨日、友達に自転車を1台もらいました。自転車は何台ありますか。
S:4台あります。
T:そうですね。4台あります。

板書
machine(s) or vehicle(s) が  _なん_だい ありますか。
→  4だい あります。

同じような形で、「何枚」も導入して、板書する。

板書
flat or thin thing(s) が  _なん_まい ありますか。
→  3まい あります。

練習

●絵を見せて、物がいくつあるか答える。(チェーンドリルで)
T:S1さん、これはなんですか。
S1:電車です。
T:はい、電車ですね。電車が何台ありますか。
S1:2台あります。
T:そうですね。じゃあ、S1さん、S2さんに。

●「いくつありますか。」も混ぜて練習する。

●教科書の問題(Bー2)

Nを〜(つ/枚/台)〜ます。

導入

T:そうですね。私は昨日、スーパーへ行きました。スーパーでりんごを買いました。(写真を見せて)これです。りんごを1つ、2つ、3つ・・・。りんごを5つ買いました。

板書
(わたしは) __________を  3  つ 買いました。

練習

●既習の動詞(食べます、買います、あげます、もらいます)を使って文を作る練習
T:(物、数、動詞の絵カードを見せて)車を 3台 買います。S1さん?
S1:みかんを 4つ食べました。

●算数クイズ
T:昨日、チョコレートを5つもらいました。今日、3つ食べました。今、いくつありますか?
S1:2つあります。

●教科書の問題(B−3 / C−1)

Nが1人います。

導入

●「4人」の発音に注意。「一人」、「二人」は後回し。
T:(人の絵を板書して)人です。人が三人、四人・・・九人います。

板書
person(s)__が  人 います。
3:さんにん
4:よにん
5:ごにん
6:ろくにん
7:しちにん
8:はちにん
9:きゅうにん
10:じゅうにん

T:今、人が9人いますね?
S:はい。
T:今から、AさんとBさんと・・・、Gさんはうちへ帰ります。(板書を指して)S1さん?
S:人がににんいます。
T:人がふたりいます。Hさんもうちへ帰ります。(板書を指差して)S2さん?
S:人がいちにんいます。
T:人がひとりいます。

板書
person(s)__が  人 います。
1:ひとり
2:ふたり
3:さんにん
4:よにん
5:ごにん
6:ろくにん
7:しちにん
8:はちにん
9:きゅうにん
10:じゅうにん

練習

●絵を見せて、「〜が〜人います。」を練習する。
T:(外国人の絵を見せて)アメリカ人がいます。アメリカ人が3人います。S1さん?
S:中国人が4人います。


何人いますか。

導入

T:(写真を見せて)インドネシア人です。
T:インドネシア人がひとり、ふたり・・・?
S:5人います。
T:そうですね。インドネシア人が5人います。あ、インドネシア人がふたり帰りました。インドネシア人は何人いますか。
S:3人います。
T:そうですね。3人います。

板書
person(s) が なんにん いますか。
→  3にん います。

練習

●絵を見せて、人が何人いるか答える。(チェーンドリルで)
T:S1さん、これは?
S1:学生です。
T:はい、学生ですね。学生が何人いますか。
S1:5人います。
T:そうですね。じゃあ、S1さん、S2さんに。

●教科書の問題(B−4)

●「何台/何枚/いくつ」も混ぜて練習する。

兄弟/家族は〜人です。

導入

T:(写真を見せて)これは私の家族です。
T:父、母、私、姉、弟
T:私の家族は5人です。
T:S1さんの家族は何人ですか。
S1:6人です。
他のSにも質問する。

T:じゃあ、もう一度写真を見てください。
T:私、弟、姉。
T:私の兄弟は3人です。
T:S1さんの兄弟は何人ですか。
S:3人です。
T:お姉さん、お兄さん、誰ですか?
S:私と兄と姉です。
他の学習者にも質問する。

 兄弟や家族の人数を言うときは自分を含めてカウントする。特に兄弟の数を言う時に自分をカウントせずに答える学生が多いので、兄弟の人数を聞いた後、兄弟構成を聞いて、自分を入れて数を言っているかどうか確認する
板書
かぞくは 何人ですか。
・・・5人です。
きょうだいは 何人ですか。
・・・3人です。私と あねと おとうとです。
メモ
「兄弟/家族は〜人です。」と人数を答えるときは自分を含めた数を言うが「兄弟が〜人います」と言うときは「所有」を表すため、自分を除いた人数を答える。

練習

●教科書の問題(Cー2)

●Q&A
兄弟は何人ですか。
家族は何人ですか。

[期間]に [~回] 〜ます。/ 〜ぐらい

導入

●最初にカレンダーの復習をする。(曜日、何月何日)
T:(曜日を指さして)みなさん。日曜日・・・。
S:月曜日、火曜日、水曜日・・・土曜日。
T:(1週間を括って)1週間。
T:(1日を指さして)みなさん。ついたち・・・。
S:二日、三日、四日・・・三十一日。
T:(1ヶ月を括って)1ヶ月。
同様に1月〜12月で1年
英語圏のクラスの場合は、英語で説明して練習して定着させる方が早いかもしれません。

板書
1 week :いっしゅうかん
1 month : いっかげつ
1 year:いちねん

T:わたしは 映画が好きです。 土曜日にみます。1週間に1回みます。
S:月曜日、火曜日、水曜日・・・土曜日。
T:(1週間を括って)1週間。
T:わたしは、ジョギングが好きです。水曜日と日曜日にジョギングをします。
S:1週間に2回、ジョギングをします。

板書
___________に______かい Verb。

T:S2さんはゴルフが好きですね。
S2:はい、好きです。
T:5月は何回ゴルフをしましたか?
S2:4回しました。
T:6月は?
S2:2回しました。
T:7月は?
S2:3回しました。
T:S2さんは1ヶ月に3回ぐらいゴルフをします。

板書
___________に______かいぐらい Verb。

練習

●文作り:単語を与えて文章を作らせる。
T:1ヶ月・4回・図書館 ・行きます。
S:1ヶ月に4回、図書館へいきます。

何回

導入

T:S1さんは映画が好きですか。
S1:はい、好きです。
T:1ヶ月に何回(?カードを見せる)、映画をみますか?
S1:5回見ます。

板書
___________に なんかい Verb か。
→ 4かい(ぐらい)  ゴルフをします。

練習

●疑問文作り:単語を与えて疑問文を作らせる。
T:1ヶ月 映画をみます
S:1ヶ月に何回映画をみますか。

●Q&Aで練習
・1週間に何回(ぐらい)コンビニへ行きますか。
・1ヶ月に何回(ぐらい)デパートへ行きますか。
・1週間に何回(ぐらい)テレビをみますか。
・1週間に何回(ぐらい)日本語を勉強しますか。
・1ヶ月に何回(ぐらい)レストランで食事しますか。

●教科書の問題(Bー5)

[期間]Vます。

導入

T:S1さんは毎晩、何時に寝ますか。
S1:11時に寝ます。
T:(11:00と板書して)じゃあ、何時に起きますか。
S1:7時に起きます。
T:(7:00と板書して)S1さんは毎日、11時から7時まで寝ますね。
S1:はい。
T:(11:00〜7:00の下に8hoursと書いて)S1さんは毎日8時間寝ます。
他の生徒にも同じような質問をして、今度はSが「〜時間寝ます。」と答えさせる。

板書
___________は ___________じかん Verb。

T:S1さん、いつ、日本に来ましたか。
S1:1月に来ました。
T:いつ国へ帰りますか。
S1:11月に帰ります。
T:S1さんは11ヶ月、日本にいます。

板書
___________は ___________かげつ Verb。

練習

●文作り:単語を与えて文章を作らせる。
T:日本・4年・勉強する。
S:日本で4年勉強しました。


何時間・何週間・何ヶ月・何年 )/どのぐらい

導入

T:S1さんは毎日7時間寝ますね。
S1:はい、そうです。
T:S2さんは毎日、何時間寝ますか?
S1:8時間寝ます。

板書
___________は なんじかん Verb。

同様に何日、何週間、何ヶ月、何年を導入・板書したあと、WBの「何時間・何日、何週間、何ヶ月、何年」を四角で囲み「=どのぐらい」と書く。

練習

●文作り:単語を与えて文章を作らせる。
T:にほん / ? / います。
S1:日本にどのぐらいいますか。

●Q&Aで練習
T:S1さんはどのぐらい日本語を勉強しましたか。
S1:50時間勉強しました。
T:S2さんはおとといどのぐらい寝ましたか。
S2:9時間ねました。

●教科書の問題(B−6 / Bー7)

導入

●WBに2つの大阪駅と京都駅を書いて、線で結びその下に9:00、9:30と書く。
T:私は京都へいきます。電車で行きます。大阪から京都まで電車で30分かかります。
T:マレーシアへいきます。日本からマレーシアまで飛行機でいきます。日本からマレーシアまで?
S:7時間かかります。

板書
Place(A)から Place(B)まで  vehicleで time かかります。
メモ
「かかります」を「です」に置き換えて言うこともできるます。
例:日本から韓国まで1時間半かかります。
日本から韓国まで1時間半です。

練習

●学習者の国から日本までどれぐらいかかるのか質問する。
T:S1さんの国から日本までどのぐらいかかりますか。
S:6時間ぐらいかかります。

その他の質問例
うちから、学校までどのぐらいかかりますか。
→スーパー、郵便局、図書館、駅
ここから、〇〇デパートまでどのぐらいかかりますか。

●文作り:単語を与えて文章を作らせる。
T:うち、駅、バス、20分
S:うちから駅までバスで20分かかります。

その他の例
東京、沖縄、飛行機、3時間
東京、大阪、バス、10時間
私の町、京都、バス、1時間半
大阪、京都、電車、40分
うち、駅、歩いて、10分

●Q&Aで練習(T→S、S→S)
T:私のうちから学校まで歩いて20分ぐらいかかります。S1さんはどうですか。
S1:電車で30分ぐらいかかります。
T:じゃあ、S1さんS2さんに。

●教科書の問題(C−3)

まとめ練習

教科書の「問題」を使ってリスニング、文作りなど、第11課の総まとめ問題を解かせる。

会話練習

教科書の会話:これ、お願いします。

進め方の例1
①絵を見せて、シチューションを説明する。(Sに考えさせても良い)
②二人のセリフを考えさせる。
③スクリプトを見せて、会話をチェックする。
④ペアで練習。練習後、前で発表する。
進め方の例2
①絵を見せて、Tが一度読む。
②Tがもう一度読む、Sはリピートする。
③意味をチェックする。
④ペアで練習。練習後、前で発表する。

郵便局で国際便を使って荷物を送りたいワンさんが、航空便、船便の値段や配送に掛かる日数などを質問する。

できる日本語 第4課 - トピック1:どこ?

この課では、自分の国や町の位置や日本までの時間などを言ったり、相手に質問したりする練習できる。新出語彙としては方角を表す言葉「北・南・東・西」が登場する。

¥3,672
(2019/03/25 14:01:15時点 Amazon調べ-詳細)

できる日本語では、「~時間かかります。」ではなく、「~時間です。」を使って表現している。タスクの前後で、他の言い方もあるということを紹介しておくと良いでだろう。

スポンサーリンク
関連キーワード