使用教材

みんなの日本語 初級1

できるようになること(Can-do)

・連帯修飾を使って、人やもののより詳しい描写、説明ができる。

 〜は 文+N です。

●日本語では、名詞を修飾するものは全て被修飾語の前に来る。
●修飾節中の述語は普通形を用いる。

導入

T:これは本です。何の本ですか?
S:日本語の本です。難しい本です。綺麗な本です。赤い本です。
T:私は昨日買いました。
T:私が昨日買った本です。

板書
日本語の  本です。
難しい
綺麗な
赤い
私は昨日買いました → 私が昨日買った (は→が)

T:これは本です。私は母にもらいました。これは母にもらった本です。
T:これは本です。日本で買えません。これは日本で買えない本です。
T:これは本です。外国人が読みます。S1さん?
S1:それは外国人が読む本です。

T:それは何ですか。
S:時計です。
T:どこで買いましたか?
S:デパートで買いました。
T:one sentenceで?
S:これはデパートで買った時計です。

  修飾節の中の主語は「は」→「が」に変わるので注意。

練習1

●結合練習
T:これは時計です。母にもらいました。
S:これは母にもらった時計です。

[時計] デパートで買いました。/ イタリアで買いました。/ 私の父はくれました。

[写真] アメリカで撮りました。/ 先週撮李ました。/  昨日、撮りました。

[ご飯 / ケーキ] 昨日作りました。

[ジュース ] いつも飲見ます。

[プレゼント] 誕生日にもらいました。

[音楽] いつも聞きます。

[手紙] 父に出します。/小池さんが書きました。

[本 / 雑誌] ジョンさんはいつも買います。/ 女の人は読みます。/ 留学生は使います。
毎日読みます。

[会社] トムさんは働いています。

[歌] カラオケで歌います。

[駅] 毎日降ります。

[シャツ] 田中さんが昨日買いました。

●教科書の問題(B−1 / B−2)

  「これは私が作ったケーキです。」と「私はケーキを作りました。」の違いについて質問があった場合、前者は「これはどんなケーキであるか」を伝えているのに対して、後者は「私は何をしたか」を伝えていると指導する。


 文+N は〜です。

導入

●始めにVているの説明をする。

T:帽子をかぶります。(帽子をかぶって)帽子をかぶりました。今、帽子をかぶっています。メガネをかけます。(メガネをかけて)メガネをかけました。今、メガネをかけています。
T:私は帽子をかぶっています。メガネをかけています。

T:S1さんは黒い服を着ています。赤い靴をはいています。
T:S2さんは?
S2:私は白い服を着ています。黒い靴をはいています。

T:(写真を見せて)この人はミラーさんです。メガネをかけています。
T:メガネをかけている人はミラーさんです。
T:(写真を見せて)この人はリンさんです。中国から来ました。
T:中国から来た人はリンさんです。

T:(時計を見せて)時計です。昨日、デパートで買いました。
T:昨日、デパートで買った物は時計です。

板書

メガネをかけている人はミラーさんです。

昨日、デパートで買った物は、時計です。

練習

●結合練習

あの人は田中さんです。タバコを吸っています。
→タバコを吸っている人は田中さんです。

●Q&A

Sさんが生まれたところはどこですか。
去年の誕生日にもらったものは何ですか。
この教室の中で、赤い服を着ている人は誰ですか。
昨日勉強した文型は何ですか。
昨日勉強いた単語は何ですか。
今、欲しいものは何ですか。

●教科書の問題(B−3 / B−4 / B−5 / C−1 / C−2)

 文+N を〜。

導入

T:私は昨日、英語を勉強しました。たくさん、単語を覚えました。でも、忘れました。。。
T:私は忘れました。。。何を忘れましたか?
S:昨日、覚えました単語。
T:はい、私は昨日、覚えた単語を忘れました。

T:私はおもしろい犬を見ました。
S:どんな犬ですか。
T:これです。靴を履いている犬です。私は靴をはいている犬をみました。

板書

私は昨日、おぼえた たんごをわすれました。

私は くつを はいている犬を みました。

練習

●教科書の問題(B−6 / C−3)

●結合練習

T:私はギターを買いました。エリック・クラプトンが使いました。
S:私はエリック・クラプトンが使ったギターを買いました。

T:私は友達に会いました。友達は韓国に住んでいます。
S:私は韓国に住んでいる友達に会いました。

その他の例
(1)コーヒを飲みました。友達にもらいました。
(2)学生を知っていますか。アメリカで勉強しことがあります。
(3)外国人を探しています。日本が話せます。
(4)本を読みました。昨日、友達が貸してくれました。

 文+N が〜。

導入

T:S1さんは今、何が欲しいですか。
S1:家が欲しいです。
T:どんな家が欲しいですか。
S1:大きい家が欲しいです。
T:いいですね。私も家が欲しいです。
S1:どんな家が欲しいですか。
T:プールがある家が欲しいです。部屋がたくさんある家が欲しいです。

T:S1さんはどんな女の人が好きですか。
S1:綺麗な人が好きです。
T:そうですか。私は料理ができる人が好きです。

板書

プールがある家が欲しいです。

料理ができる人が好きです。

練習

●教科書の問題(B−7)

●結合練習

T:私は家が欲しいです。大きい台所があります。
S:私は大きい台所がある家が欲しいです。

●Q&A

どんな家が欲しいですか。
将来、どんな町に住みたいですか。
どんな人が好きですか。/ どんな人と付き合いたいですか。
どんなロボットが欲しいですか。

 文+N(時間・約束・用事) があります / ありません。

導入

T:皆さんは毎日忙しいですか?
S:はい、とても。
T:そうですか。じゃあ、時間がありますか。
S:いいえ。
T:どんな時間がありませんか?
S1:テレビをみます
S2:友達とあそびます。
S3:買い物します。
T:いいですね。
T:皆さんは忙しいですから、時間がありません。
T:S1さんはテレビを見る時間がありません。
T:S2さんは友達と遊ぶ時間がありません。
T:S3さんは買い物する時間がありません。
T:S4さんは?
S4:漫画を読む時間がありません。

T:私はYouTubeが好きですが、忙しいですから、YouTubeを見る時間がありません。
T:でも、土曜日は暇ですから、YouTubeを見る時間が・・・?
S:あります。

板書
テレビをみる時間がありません。

T:私は今日、授業の後、約束があります。
S:どんな約束ですか。
T:友達と映画をみます。
T:私は今日、友達と映画を見る約束があります。

T:皆さんは、今日、約束がありますか。
S1:はい
T:S1さん、どんな約束がありますか。
S1:友達と一緒に晩御飯を食べる約束があります。

板書
ともだちと いっしょに ばんごはんを たべる やくそくが あります。

T:あ、友達と映画を見る前に、私は銀行に行きます。どうしてだと思いますか。
S:お金を下ろしますか?
T:そうですね。銀行にお金を下ろしに行きます。
T:「銀行へ行きます」、これは約束ですか。
S:いいえ。
T:何ですか?
S:用事?
T:そうですね。用事です。
T:私は用事があります。銀行に行きます。皆さん?
S:銀行に行く用事があります。

板書
ぎんこうに いく ようじが あります。

練習

●教科書の問題(B−8)

まとめ練習

教科書の「問題」を使ってリスニング、文作りなど、第22課の総まとめ問題を解かせる。

会話練習

教科書の会話:どんな部屋をお探しですか

進め方の例1
①絵を見せて、シチューションを説明する。(Sに考えさせても良い)
②二人のセリフを考えさせる。
③スクリプトを見せて、会話をチェックする。
④ペアで練習。練習後、前で発表する。
進め方の例2
①絵を見せて、Tが一度読む。
②Tがもう一度読む、Sはリピートする。
③意味をチェックする。
④ペアで練習。練習後、前で発表する。

家を探しているワンさんと不動産屋の職員との会話。

余裕があれば家の間取りの見方についても紹介すると良いでしょう。

できる日本語 初級 第13課 - トピック2:おすすめします

この課では、名詞修飾節の文を使っておすすめの物、場所、人について話す活動ができる。

 第20課〜22課までの復習

教科書の復習Fを使って、20課〜22課までの復習をする。

基本的には宿題とし、授業の中で答えを確認したり、ノートを提出させたりして確認する。

関連書籍
スポンサーリンク
関連キーワード