使用教材

みんなの日本語 初級2

できるようになること (Can-do)

・他者(下位の者)への行為の強制や許可・容認を表すことができる。
・丁寧に許可を求めることができる。

〜(さ)せます(強制)

導入:他動詞文使役

T:(写真を見せて)これは、私と娘のマリです。私の娘は何をしていますか。
S:本を読んでいます。
T:そうですね。部屋は綺麗ですか?
S:いいえ、汚いです。
T:はい、汚いですね。私は言います。「部屋を掃除してください。」私の娘は何をしますか?
S:部屋を掃除します。
T:そうですね。娘は部屋を掃除します。じゃあ、私は何をしましたか?
S:Jun先生は「部屋を掃除してください」と言いました。
T:そうですね。私は部屋を掃除してくださいと言いました。そして、娘は部屋を掃除しました。
T:私は娘に部屋を掃除させました。

T:(写真を見せて)これは、私と娘です。娘は何をしていますか。
S:魚を食べています。
T:そうですね。娘は魚が好きですか。
S:いいえ、嫌いだと思います。
T:そうですね。でも、私は娘に何か言いました。何ですか?
S:食べてください。
T:そうですね。「食べてください」と言いました。マリさんは嬉しいですか?
S:いいえ、嬉しくないです。
T:そうですね。嬉しくないです。でも食べます。
T:私は娘に魚を食べさせました。

板書
わたしは むすめに へやを そうじさせました。
わたしは むすめに さかなを たべさせました。

A (director) makes B (cast) causative verb(action).
T:はい、今日は使役の勉強です。

【2グループ】
食べます→食べさせます
(ます→させます)

【1グループ】
行きます→行かせます
飲みます→飲ませます
(iます→aせます)【3グループ】
します→させます
きます→こさせます

練習

●変換練習(単語レベル)
動詞を与えて、使役形で答える練習

T:見る
S:見させる

●変換練習(文レベル)

T:服を洗う。
S:服を洗わせる。

●Q&A
・あなたが先生だったら、学生に何をさせますか。
・あなたが日本語の先生だったら、学生に何をさせますか。
・あなたが部長だったら、学生に何をさせますか。
・あなたが先輩だったか、後輩に何をさせますか。

導入:自動詞文使役

他動詞文使役同様に絵を使って、導入する。

他動詞文使役:<人>に〜を〜させる
ex.
子供に牛乳を飲ませる。
息子に部屋を片付けさせる。

自動詞文使役:<人>を〜に〜させる
ex.
息子を学校に行かせる
S1さんを廊下に立たせる



〜(さ)せます(容認)

導入

[他動詞]
T:私は娘がいます。娘は子供の時、ピアノを習いたいと言いました。ピアノのレッスンはとても高いです。でも、私は「いいよ」と言いました。私は娘にピアノを習わせました。

[自動詞]
T:娘は英語が大好きでした。だから、大学生の時、アメリカで英語の勉強がしたいと言いました。私は行ってもいいよと言いました。私は娘をアメリカへ行かせました。

板書

わたしは むすめに ピアノを ならわせました。

わたしは むすめを アメリカへ いかせました。

練習

●変換練習
T:ピアノを習う
S:ピアノを習わせてあげる

●ペアで使役形を使って質問試しあい、答える。

・親になったら、子供に何をさせたいですか。
・結婚したら、相手に何をさせたいですか。

〜(さ)せていただけませんか

導入

T:(有名人の写真を貼って)これは誰ですか。
S:○○さんです。
T:そうですね。○○さんです。S1さんは○○さんに会いました。写真を撮りたいです。なんと言いますか。
S:すみません。写真を撮ってもいいですか。
T:そうですね。写真を撮ってもいいですか。ですね。でも、もっと丁寧な言い方があります。
T:写真を撮らせていただけませんか。

T:今、お腹が痛くなったら、どうしますか。
S:トイレへ行きます。
T:トイレに行く時、わたしに何と言いますか?
S:トイレへ行ってもいいですか。
T:そうですね。でも、もっと丁寧な言い方があります。
T:「トイレへ行かせていただけませんか」です。

板書

しゃしんを とらせて いただけませんか。

トイレへ いかせて いただけませんか。

T:撮らせて、行かせての形は何ですか。
S:て形です。
T:動詞は普通の動詞ですか?
S:使役動詞です。
T:写真を撮る人は誰ですか?トイレへ行く人は誰ですか?
S:わたしです。

T:じゃあ、「写真を撮っていただけませんか」の動詞は使役動詞ですか?
S:いいえ。
T:普通の動詞ですね。じゃあ、形は何ですか。
S:て形です。
T:これもて形ですが、普通の動詞です。誰が写真を取りますか。わたしですか?他の人ですか。
S:他の人です。

T:「(普通の動詞)ていただけませんか」は、他の人がVをします。
T:「(使役動詞)ていただけませんか」は、私がVをします。

練習

●シチュエーションを与えて、「〜ていただけませんか」の形で文を作らせる

・熱があります。帰りたいです。先生に何と言いますか。
→熱があるので、帰らせていただけませんか。

・頭が痛いです。帰りたいです。先生に何と言いますか。
→頭が痛いので、帰らせていただけませんか。

・有名人に会いました。写真を取りたいです。何と言いますか。
→すみません、写真を撮らせていただけませんか。

スポンサーリンク
関連キーワード