【JLPT N4】文法・例文:〜ておく

文型:〜ておく

[意味]
① 何かの目的のために、前もって~する(準備)。
② 何もしないで、そのままの状態を維持する(放置・現状維持)。

[英訳]
① do something in advance
② leave something undone

[接続]
V(て形) + おく

[JLPT レベル]
N4

[備考]
動詞は意志動詞のみ使える

例文

1. 準備

・来月、北海道に行くから、ホテルを予約しておきます

・来週、パーティーに行くから、髪を切っておきます

・後で友達が家に来るから、掃除しておきます

・もうすぐJLPTがあるから、習った文法を復習しておきます

・雨が降るかもしれないから、傘を持って行っておきます

・あとで彼とデートするから、歯を磨いておきます

・来週、友達の誕生日パーティーがあるから、プレゼントを買っておきます

・明後日、友達の結婚式があるから、スーツを買っておきます

・もうすぐ台風が来るかもしれないから、食べ物を用意しておきます

・来週、中間試験があるから、単語を復習しておきます

・明日、新しい課を勉強するから予習しておきます

・明日、プレゼンテーションがあるので、資料をコピーしておきます

・もうすぐ映画が始まるので、トイレに行っておきます

・夜中に頂上に向けて出発しますので、たくさん休んでおいてください

2. 放置・現状維持

・先生、ホワイトボードは消さずにそのままにしておいてください。あとで、私が消しますから。

・プロジェクターは次の会議でも使いますから、そのままにしておいてください

・今晩、友達と焼肉食べ放題に行くので、あまり食べないでおこう

・エアコンはつけたままにしておいてください

A:トム、まだ寝ているね。
B:アルバイトや勉強で疲れているんでしょう。起こさないでおきましょう



この文型が登場する教科書

みんなの日本語2 第30課
げんき2 第15課
4技能でひろがる 中級日本語カルテット1 第5課:和食のすすめ
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA