【JLPT N1】文法・例文:かたわら

文型:〜かたわら

[意味]
〜一方で、別に〜

仕事や研究などの社会的活動をしながら、別のこともしていることを表す文型。

2つの活動は異なる時間帯で行われ、かつ「ながら」に比べ長期間続けている活動に対して使われる。また、習慣的な行為に用いられることが多い。

[英訳]
while / besides

[接続]
V(辞書形)+かたわら
N + のかたわら

[JLPT レベル]
N1

例文

・トムさんは英会話の学校で務めるかたわら、週末は日本語学校で日本語を学んでいる。

・田中先生は教師として働くかたわら、新たしい教科書の開発にも取り組んでいる。

・母は家事のかたわら、近所に住む外国人に日本語を教えている。

・最近はサラリーマンとして働くかたわら、ブログやYouTubeでお金を稼ごうとする人が増えてきた。

・彼女は子育てのかたわら、大学に通っている。

・彼は書店で働くかたわら、カフェも経営している。

彼女は歌手のかたわら、モデルとしても活躍している。

・トムさんは日本語を勉強するかたわら、英語を教える仕事をしている。

誤用例

・テレビを見るかたわら、新聞を読む。
→テレビを見ながら、新聞を読む。

・ギターを弾くかたわら、歌う。
→ギターを弾きながら、歌う。

類似文型

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA