日本語文型:〜てでも

文型:〜てでも

[意味]
〜という手段をとってでも

何としてでも、どんな手段を使って実現したいという強い気持ちが含まれる。

[接続]
V(テ形) + でも

[JLPT レベル]
N2

例文

・大好きなアーティストのコンサートなので、高い金を払ってでも行きたい。

・決勝戦なので、怪我は少し痛むけど無理してでも出場したい。

・この店のレビューは星5つで、口コミも良いことしか書かれていないので、長時間並んででも食べてみたい。

・芸能人とデートできるなら、100万円払ってでもしたい。

・納期が明日までなので、何としてでも今日中に終わらせる必要がある。

・仕事を休んででも、オリンピックを見に行くつもりだ。

・彼は人を騙してでも、お金稼ぎがしたいと思っているようだ。

この文型が使われている教科書

できる日本語 中級20課:豊かさと幸せ
¥3,740 (2020/05/31 22:31:15時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA