日本語文型:〜にあたって

文型:〜にあたって / 〜にあたり

[意味]
〜するとき

特別な場面や重要な場面で使う。
使用場面の例:新学期、入学、卒業、就職、結婚、発表、試験など

[接続]
V (辞書形)+あたり
Nにあたり

[JLPT レベル]
N2

[備考]
硬い表現なので日常会話では使わない。

例文

・皆さん、JLPTを受けるにあたって、大切なことを伝えておきます。

・会社の面接を受けるにあたり、受ける会社の情報だけでなく、ライバル会社について調べておくことも大切だ。

・卒業にあたり、皆さんに贈りたい言葉があります。

・卒業研究の発表にあたり、資料の準備はもちろん、発表の練習をしておくことも必要だ

・結婚するにあたり、二人の将来のプランをしっかり話し合った。

この文型が登場する教科書

できる日本語 中級17課:働くということ
¥3,740 (2020/01/20 21:37:48時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA