【JLPT N1】文法・例文:〜だに

文型:〜だに

[意味]
〜さえ / 〜すら / 〜するだけでも

基本的には否定形と一緒に「〜だに〜ない」の形で使われることが多い。

[接続]
V(辞書形) + だに
N + だに

※「夢」は例外で「夢にだに」となる。

[JLPT レベル]
N1

例文

・大きな時間が起きても、その大男とは微動だにしなかった。

・宝くじで、1億円が当たるなんて夢にだに思わなかったよ。

・生で見る相撲の試合がこんなにも迫力があるなんて、想像だにしなかった。

・シード校が無名の学校に惨敗するなんて、予想だにしなかった。

・将来、ロボットに仕事を奪われる時代が来るなんて、考えるだに恐ろしい。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA