【JLPT N1】文法・例文:〜た分だけ

文型:〜た分だけ・・・

[意味]
前件の行為の程度や時間が、後件にも影響すること述べる表現。

[接続]
V(タ形)+ 分だけ

[JLPT レベル]
N1

例文

・働いたいら働いた分だけ給料がもらえるという理由で、フリーランスという働き方が注目されつつある。

・早く始めたら始めた分だけ、仕事が早く終わりますよ。

・言葉は話したら話した分だけ上手になるから、もっとたくさん話しましょう。

・筋トレはしたらした分だけ、効果がある。

・勉強は頑張った分だけ、結果としてあらわれる。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA