【故事・ことわざ】飛んで火に入る夏の虫(とんでひにいるなつのむし)



「飛んで火に入る夏の虫」の意味

意味自分から危険なことや災難に、進んで関わり合うことのたとえ。
英訳A metaphor for willingly jumping into danger or calamity.

由来

夏の夜、明るい光に集まる虫が、自ら火に飛び込んで焼け死ぬことから。

例文

・プロボクサーの彼にケンカを挑むなんて、飛んで火に入る夏の虫だよ。

・両親がケンカをしていたので止めに入ったら、僕のことで揉めていたらしく、その後1時間説教された。まさに飛んで火に入る夏の虫だった。

関連書籍

コメントを残す

CAPTCHA