【故事・ことわざ】焼け石に水(やけいしに みず)の意味・例文

 



「焼け石に水」の意味

意味わずかな努力や援助では、ほどんど効果がない事のたとえ。
英訳A metaphor for the fact that a little effort or support will have little effect.

由来

焼けて熱くなった石に少しの水をかけたところで、水はすぐに蒸発してしまい、石を冷ますことができないことから。

例文

・試験前日になって、急いで勉強を始めたところで、焼け石に水だ。

・彼がダイエットを始めたのは良いことだが、ちょっとお菓子の量を減らしたぐらいじゃ、焼け石に水だ。

関連書籍

コメントを残す

CAPTCHA