【故事・ことわざ】三人寄れば文殊の知恵(さんにん よれば もんじゅの ちえ)の意味・例文



「三人寄れば文殊の知恵」の意味

意味平凡な人間でも、三人集まって考えれば、よい知恵が浮かぶということ。
英訳Even an ordinary person can come up with good wisdom if three people get together and think about it.

文殊(もんじゅ)とは

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)を指す。

文殊菩薩は仏教の考え方をよく理解して、知恵を授けてくれる者。

使用時の注意点

目上の人に対しては使うことができない。

例文

・何か解決策はないか、みんなで集まって話し合おうよ。三人寄れば文殊の知恵っていうし。

・一人では何もアイデアが思い浮かばなかったが、みんなと検討した結果、良いアイデアがいくつも生まれた。三人寄れば文殊の知恵とはことこか。

関連書籍

コメントを残す

CAPTCHA