嘘を見抜け!

日本語を使ったゲーム・活動例

ゲーム:嘘を見抜け!
対象:初級からOK
人数:少人数からOK

ねらい

日本語の使って質問したり、答えたりできる。

準備物

特になし。WBとペンがあればOK

やり方

  1. 誰か学習者(S1)を1名指名して、WBに4つの文章を書いてもらう。 (4つのうち3つは本当のことで、1つは嘘の文章であること。)
  2. 書き終えたら、他の学習者がS1の書いた文章について質問をする。
  3. S1が質問に答えるときは嘘をついても良い。他の学習者はS1の表情を見ながら、どれが嘘であるか考える。
  4. 最後に、どれが嘘であるかアンケートをとって、正解発表。

活動例

S1が以下の文章をWBに書く。

(1) わたしは すしを 食べたことがありません。
(2) わたしは 今、彼女がいます。
(3) アニメが 大好きです。
(4) コンビニで 働いています。

他のSsがS1に質問する。

S2:「彼女の名前はなんですか。」
S3:「何のアニメが好きですか。」
S4:「どうしてコンビニで働いていますか」  など

たくさん質問をして、S1の返答内容や表情からどれが嘘であるのか推測する。
ある程度、質問が出たところで、正解発表をする。

スポンサーリンク