ジェスチャーゲーム - 暑いから水を飲みます

日本語を使ったゲーム・活動例

ゲーム:ゲスチャーゲーム
活動:お題を与えて生徒にジェスチャーをしてもらい、他の生徒がそれを見て何をしているのか答える
対象:初級
人数:少人数からOK

ねらい・Can - do

(理由)から、~。の練習 

準備物

ジェスチャーゲームに使うお題

やり方

①以下のようなお題が書かれたカードを幾つか用意し、生徒に1枚引かせる。

  暑いから、水を飲みます。

②生徒が内容を理解したら、前に出てきてもらい、前でジェスチャーをしてもらう。

③他の生徒は生徒のジェスチャーを見て、何をしているか答える。

活動例

T:みなさん、ゲームをしましょう。
S:はい。
T:今日は、ジェスチャーゲームをします。「ジェスチャー」、わかりますか。
S:いいえ。
T:例えば、(食べるジェスチャーをする)私は 何をしていますか。
S:食べています。
T:はい、そうですね。これは食べるジェスチャーです。じゃあ、これは (書くジェスチャーをする)。
S:書いています。
T:はい、そうです。書くジェスチャーです。ジェスチャーが わかりましたか?
S:はい。
T:じゃあ、S1さん、1枚カードを選んでください。
S1:(カードを1枚引く)
T:それはS1さんのタクスです。意味はわかりますか。
S1:はい、わかります。
T:じゃあ、S1さん、前に来てください。今から、S1さんがジェスチャーをします。(  理由  )から、〜。のジェスチャーです。みなさんは、S1さんのジェスチャーを見て、何のジェスチャーをしているか考えて、答えてください。

生徒があまり、理解していなければ、最初にTが例を示す。

(活動が終わったら)
時間があれば、ついでに日本のジェスチャーを紹介したり、学習者の国のジェスチャーを教えてもらうなど、お互いの国の理解を深めるよ良い。

ジェスチャーゲームの問題例

暑いから、水を飲みます。

暑いから、エアコンをつけます。

頭が痛いから、病院へいきます。

頭が痛いから、薬を飲みます。

美味しいから、たくさん食べます。

難しいから、わかりません。

お腹がいっぱいだから、何も食べません。

明るいから、カーテンを閉めます。

スポンサーリンク