使用教材

会話に挑戦!中級前期からの日本語ロールプレイ

トピック/目的

トピック
先生を飲み会に誘う

目的
・友達や先生を飲み会などに誘うことができる。
・相手によって話し方を変えて誘うことができる。

ウォーミングアップ

T:皆さん、こんにちは。 お元気ですか。
S:はい、元気です。
T:いいですね。 じゃあ、今日のレッスンを始めます。よろしくお願します。
S:よろしくお願いします。

1. 今までに日本人や目上の人を誘ったり、誘われたりした経験があるか話す。

T:みなさんはよく誰かと飲み会をしたり、食事したりしますか。
S:はい、よく飲み会をしますよ。
T:へぇ、そうですか。誰としますか。
S:友達とします。
T:じゃあ、年上の人と飲み会をしたことがありますか。例えば、先輩や先生と。
S:はい、何回かあります。
T:誰としましたか。
S:先生としました。
T:飲み会をしたとき、S1さんが先生を誘いましたか。先生に誘われましたか?
S:先生に誘われました。
T:そうですか。じゃあ、楽しかったですか。
S:はい、楽しかったです。

T:いいですね。S1さんの国では、時々、先生と生徒が交流しますか。例えば、一緒に飲みにいったり、食事をしたりしますか。
S1:時々、しますよ。
T:先生と交流するとき、どんな時ですか。
S1:例えば、試験が終わった後です。
T:どんなことをしますか。
S1:一緒にレストランで食事をしたり、お酒を飲んだりします。
T:いいですね。学生が先生を誘いますか?先生が学生を誘いますか?
S1:どちらもあります。
T:じゃあ、先生を誘うとき、どんなことに気をつけますか?
S1:特に気をつけないです。
T:そうですか。じゃあ、日本ではどうですか?何か気をつけなければいけませんか?一緒に考えましょう。

T:(プリントを配って)、はい、今日のトピックは「先生を飲み会に誘う」です。

T:じゃあ、はじめに今回の目的をチェックしましょう。みなさん、読んでください。
S:(目的を読む)


ロールプレイの実施(1回目)

T:じゃあ、今から、ロールプレイをしましょう。S1さんとS2さんはペアです。S3さんとS4さんはペアです。・・・・。今からタスクカードを配ります。見てください。お互いに見せないでくださいね。

(タスクカードを配る。)

T:はい、じゃあ、タスクカードを声に出さないで、読んでください。後で、やってもらいます。
S:(タスクを確認する。)

T:読み方がわからない言葉や、意味がわからないところはありませんか。

●ロールプレイで使う語彙(必要に応じて説明)

語彙意味
飲み会の幹事organizer for drinking party
前期first half
囲むto surround
飲み会drinking party
再来週the week after next
帰省するto go back to one's hometown
行うto hold
未定undecided
都合convenience of schedule
交流するto interact
補講makeup class
研究会workshop

T:じゃあ、今からペアで練習しましょう。
S:ペアでロールプレイを実施。

 Tは机間巡視してSの発話に注意する。

T:はい、みなさんどうでしたか?
S:難しかったです。
T:じゃあ、S1さんS2さん、前にきてやってください。
S:(ロールプレイ実施)
T:みなさんどうですか。どんなところがよかったですか。
S:声が大きかった。発音が綺麗だったなど。

他、2、3グループ発表する。

会話を考えよう

<会話を考えよう>のプリントを配布し、下線に入る言葉や表現を学習者と考える。

T:プリントを見てください。誰が話していますか。
S:先生と学生です。
T:そうですね。先生と学生が話しています。じゃあ、はじめに、私が文章を読みますから聞いてください。

(Tが文章を読む。下線部は飛ばす。)

T:みなさん、意味がわかりますか。
S:だいたいわかります。
T:どんな会話でしたか。
S:(内容について話す)

T:じゃあ、線のところにどんな言葉を入れますか。書いてみてください。

T:書けましたか?
S:はい。
T:①はどんな言葉を入れましたか?
S:おじかんありあすか。

他の回答も少し確認して、CDで答え合わせ。

T:じゃあ、CDを聞いてみましょう。どんな言葉が入るか聞いてください。
S:(CDを聞く)

T:はい、じゃあ、①はどんな言葉でしたか。
S:ちょっとよろしいでしょうか。
T:そうですね。
(他の答えもチェックする。)

●会話にでてくる単語・表現

語彙意味
ちょっとよろしいでしょうか。Can I talk with you for a second?
いつごろaround when
  教科書の答えが一番いいというものではない。学習者の意見も大切にすること。

T:じゃあ、もう一度、会話を聞いてみましょう。今度はイントネーションや話し方を聞いてください。
S:(CDを聞く)

CDを聞いた後に、Sに意見を求める。
・何か気づいたことばありますか。
・会話の流れはどうでしたか。
・学生や警察官の人の話し方はどうでしたか。 など。

オーバーラッピング/シャドーイング/ペア練習

教科書の練習項目には無いが、時間があれば実施する。

①オーバーラッピング
CDの音に合わせて、教科書を見ながら音読させる。

②シャドーイング
CDの音に少し遅れて、復唱する。教科書を見ずに復唱すること。

③モデル会話を使ってペアで練習



表現・語彙

プリントを配布して、練習する。

ロールプレイの実施(2回目)

T:じゃあ、もう一度、ロールプレイをしましょう。1回目と同じトピックでもいいし、トピックを変えたい人は、他のタスクカードをあげます。
S:(各自タスクカードを見る)

T:じゃあ、ペアで少し練習しましょう。後で発表してもらいます。

S:(各々練習する。)

T:はい、じゃあ、S1さんとS2さん前でやってください。
S:(前で発表する)
T:よくできました。

他のグループも発表する。
発表が終わったら、どうだったか見ていた生徒からコメントをもらう。

まとめ

T:はい、みなさんどうでしたか?
S:難しかったです。
T:そうですか。今日のトピックはなんでしたか?
S:先生を飲み会に誘う。
T:そうですね。みなさん、できましたか?
S:難しかったです。まぁまぁ、できました。など。
T:そうですか。じゃあ、先生を飲み会に誘いたいとき、始めに何といいますか。
S:先生、ちょっとよろしいでしょうか。
T:それから。どうやって誘いますか。
S:今度、飲み会をするんですが、ぜひ参加していただけませんでしょうか。
T:そうですね。これから、学校や会社で先輩や部長を飲み会に誘いたいときは、今日勉強した言葉を使ってみてくださいね。
S:はい。
T:じゃあ、今日の授業は終わります。ありがとうございました。
S:ありがとうございました。

スポンサーリンク