使用教材

・挨拶や日常で使う言葉の絵カード。
・教室で使う言葉をまとめたプリント。

できるようになること (Can-do)

・初対面の人と簡単な挨拶や自己紹介ができる。

自己紹介

導入

T:(教室に入ったら、WBに自己紹介の様子の絵カードを貼る。)
T:(自己紹介をしている人の絵を指して)初めまして。
T:(自分の名前カードを見せて)ノッチです。どうぞよろしくお願いします。
T:(何度も、繰り返して、Sが自己紹介をするようにジェスチャーをする。)
S:はじめ・・・。
T:初めまして。
S:初めまして。アントンです。どう。
T:どうぞよろしくお願いします。
S:どうぞよろしくお願いします。

ある程度、言えるようになるまで何度も繰り返す。

[T⇆Sで練習]
T:(S1を立たせて)初めまして。ノッチです。どうぞ、よろしくお願いします。
S1:初めまして。アントンです。どうぞよろしくお願いします。

[S⇆Sで練習]
T:(S1とS2を立たせて、自己紹介をするよう指示)
S1:初めまして、アントンです。どうぞよろしくお願いします。
S2:初めまして。セーラです。どうぞよろしくお願いします。

上記を繰り返した後に板書

板書
はじめまして。
_________です。
どうぞ よろしく おねがいします。

板書が終わったら、リピートでさらに練習する。

あいさつの言葉

導入

「おはようございます。」、「こんにちは」など絵カードを見せて、Tが発話。Sがリピートという流れで導入。

ある程度、言えるようになるまで何度も繰り返す。言えるようになってきたらペアで練習させ、それから板書。(ひらがな・カタカナが未習の場合は、ローマ字で板書。)

板書
おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。
さようなら。

板書後にリピートでさらに練習する。

日常で使う言葉

導入

これも同様に、挨拶と同様に絵カードを用いで導入する。

板書
ありがとう。どういたしまして。
すみません。

教室の言葉

導入

プリントを配布し、見ながら、一緒にリピートしていく。

T:もっとゆっくり言ってください。
S:もっとゆっくり言ってください。

練習

英語(or 学習者の国の言葉で)で書いた文章を見せて、日本語で答えさせる。

その他

小さい数字(1〜10)や時間なども絵カードや時計を使って導入する。

教える時間がなければ、プリントだけでも先に配っておき、軽くリピートさせるといいだろう。プリントを配っておくことで、中には自分で勉強してくる生徒もいるのでオススメする。

スポンサーリンク
関連キーワード