文型:〜というより(も)

[意味]
〜という言い方よりも、むしろ〜

前件と後件を比較して前件よりも後件のほうが近い、当たっていると言いたい時に使う。

[英訳]
rather than

[接続]
V(普)+ というより
イA(普)+ というより
ナA(普)+ というより
N(普)+ というより

[JLPT レベル]
N3

例文

・今日は涼しいというよりも寒いぐらいだ。

・クラスで人気者のジェシカさんは綺麗というよりもかわいいって感じだね。

・カクテルなんてお酒というよりもジュースだよね。

・トムさんってかっこいいというよりもオシャレだよね。

・たくさん失敗して悔しいというよりも色々な人に迷惑をかけて申し訳ない気持ちだった。

・今はラーメンというよりもうどんが食べたい気分だ。

この文型が使われている教科書

できる日本語 中級 第11課:ライフスタイル
¥3,672 (2019/07/17 19:02:49時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク