日本語文型:限り

文型:〜限り(限界)

[意味]
〜の限界まで / できるところのギリギリまで

[英訳]
as much as possible

[接続]
V(辞書形) + かぎり
Nの + かぎり

[JLPT レベル]
N2

例文

・できる限りのことはしたので、たとえ失敗したとしても後悔はない。

・エル・ニドというフィリピンの島では見渡す限り美しい青い海が広がっていて私のお気に入りの島です。

・さぁ、そろそろ時間だ。力の限り戦ってこい。

・会社員になったら遊ぶ時間がなくなるから、その前にできる限り遊んでおいたほうだいいよ。

・日が暮れる前に、行ける限りのところまで行きたい。

この文型が使われている教科書

できる日本語 中級17課:働くということ
¥3,740 (2020/01/17 21:37:02時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA