【JLPT N2】文法・例文:〜あまり

文型:〜あまり(に)

[意味]
〜すぎて

程度がすごいことを表す。

[接続]
V(普通形 - 肯定形)  + あまり
イA(普通形 - 肯定形) + あまり
ナAな +  あまり
Nの + あまり

[JLPT レベル]
N2

例文

・田舎に引っ越したばかりのころは、寂しさのあまり友達に毎日のように電話したものだ。

・緊張のあまり、上手にプレゼンテーションができなかった。

・綺麗なあまり、見惚れてしまった。

・センター試験では考えすぎたあまり時間が足りず、最後まで解けなかった。

・ジョンさんはJLPT N1に合格し、嬉しさのあまり泣いてしまった。

・急いでいたあまりに、大事な書類を家に忘れて来てしまった。

・田中さんは残業しすぎたあまり、体を壊し入院することになった。

・彼女に振られた悲しみのあまり、食事も喉を通らない。

・驚きのあまり、何も言葉が出てこなかった。

・母は一人暮らしの私を心配するあまり、毎日のように電話をかけてくる。

この文型が登場する教科書

できる日本語 中級20課:豊かさと幸せ
¥3,740 (2020/01/21 21:38:08時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA