日本語文型:〜といったら

文型:〜といったら

[意味]
① 〜は
驚きや、感動した気持ちの程度を話題にするときに使う。

② 〜について話すと
N1といったらN2:N1と聞いたり、見たりすると、すぐにN2を連想する。

[接続]
N + といったら

[JLPT レベル]
N2

例文

1. 〜は

・富士山の頂上から見た日の出の美しさといったら、今でも忘れられません。

・このお店のハンバーグの美味しさといったら、言葉では表現できません。

・日本の朝の電車といったら、人が多すぎて動けないほどだ。

・私の国の交通渋滞といったら、日本とは比べものにならないほどです。

・日本のコンビニといったら、トイレもあるし、ATMもあるし、本当に便利だ。

2. 〜について話すと

・日本の夏といったら、やっぱり花火大会だよね。

・日本の春といったら、やっぱり桜だよね。

・日本のスポーツといったら、相撲や剣道が思い浮かぶ。

類似文型

「〜について話すと」の意味で使う場合は「〜といえば」で置き換え可能。

この文型が登場する教科書

できる日本語 中級10課:日本を旅する
¥3,740 (2020/07/10 22:40:24時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA