日本語文型:〜もかまわず

文型:〜もかまわず

[意味]
〜も気にしないで

「普通は気にすることだが、それを気にしないで」と言いたい時に使う。

[接続]
V(普通形) + のもかまわず
イA(普通形)+ のもかまわず
ナAな / である + もかまわず
N  + もかわらず

[JLPT レベル]
N2

例文

・あの男は人目もかまわず、電車の中で弁当を食べている。

・トムさんは明日試験があるのもかまわず、友達とカラオケに行ってしまった。

・病院であるのもかまわず、あの女性は携帯電話で大きな声で話している。

・彼女は夜遅いと、身なりもかまわず出かけることがあるので、やめて欲しい。

・父は服が汚れるもかまらず、公園で犬と遊んでいる。

・雨が降っていたが、キムさんは濡れるのもかまわず走って帰ってしまった。

スポンサーリンク