【JLPT N1】文法・例文:〜といえども

文型:〜といえども

[意味]
たとえ〜であっても / いくら〜でも

[接続]
V(普通形)+ といえども
イA(普通形)+ といえども
ナA(普通形)+ といえども
N(普通形) + といえども

※「ナAだ」、「Nだ」の「だ」は省略可

[JLPT レベル]
N1

[備考]
硬い表現

例文

・いくら生きるためといえども、人の物を盗むのは良くない。

・いくら安いといえども、偽物であれば欲しいとは思わない。

・未成年といえども、罪を犯したのであれば償うべきだ。

・プロのギタリストといえども、ミスをすることはあり得る。

・たった10円といえども、粗末にしてはならない。

・会社の社長といえども、簡単には社員を首にすることはできない。

・彼は大学を中退したといえども、今では大企業の社長として立派に働いている。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA