【JLPT N3】文法・例文:〜といっても

文型:〜といっても

[意味]
~というけれども、実際は・・・。
〜から考えられるものと実際が違うことを表現するときに使う。

[英訳]
Though ~ , (The reality is different from what should be expected from ~.) 

[接続]
V(普通形)+ といっても
イA(普通形)+ といっても
ナA(普通形)+ といっても
Nだ + といっても

[JLPT レベル]
N3

例文

・日本語ができるといっても、読んだり、書いたりできない。

・お金持ちといっても、彼が住んでいる家の家賃は5万円だ。

・古いといっても、まだ十分に使える物ばかりだ。

・会社を作ったといっても、写真が2人だけの会社だ。

・私はマンションに住んでいるといっても、2LDKの小さなマンションだ。

・海外で生活したことがあるといっても、実は1か月だけなんです。

・ギターが弾けるといっても、3曲だけですけどね。

この文型が登場する教科書

中級へ行こう 第7課:リサイクルとフリーマーケット
中級から学ぶ日本語 第6課:つたえる
スポンサーリンク