【JLPT N2】文法・例文:〜ぬ

文型:〜ぬ

[意味]
〜ない

[接続]
V(ナイ形)ない+ ぬ
※「する」は「せぬ」となる

[JLPT レベル]
N2

[備考]
古い表現であまり日常生活で使うことはない

例文

・私の知ら間に、夫が仕事をやめていた。

・バグのせいで、予期せエラーが起こった。

・家族に、いら心配をかけてしまった。

・知らが仏。

・彼を絶対に許せ

・トムさんは行きたかった大学に合格できて、喜びを隠せ様子だった。

・このボタンをクリックしたら、予期せエラーが発生した。

・昨日は眠れ夜を過ごした。

・鳴かなら、泣くまで待とうホトトギス。

・私にはこのようなこと、できませ

この文型が登場する教科書

上級へのとびら 第11課:日本の歴史
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA