【JLPT N3】文法・例文:〜場合

文型:〜場合

[意味]
起こりうる可能性の中から1つの事態を取り上げて、その事態が起きた時に必要な対応を述べる表現。

[接続]
V(普通形)+ 場合
イA(普通形)+ 場合
ナA(普通形) + 場合 ※ナAな + 場合
N(普通形) + 場合 ※Nの + 場合

[JLPT レベル]
N3

[備考]
実際にあったこと(過去のこと)には使えない。
好ましくない事、あまり起きない事に使われることが多い。

例文

・事故を起こした場合は、すぐに警察と病院に電話してください。

・熱が続く場合は、病院に行ったほうがいいです。

・パスワードを5回間違えた場合、画面がロックされます。

・パスワードを忘れた場合は、こちらからご連絡ください。

・体調が悪い場合は、休んでもいいです。

・学校を休む場合、必ず連絡してください。

・雨の場合、試合は中止です。

地震が起きた場合は、まず火を消すことが大切です。

・検査の結果が悪い場合は、入院しなければなりません。

・外国人の場合、中に入るにはパスポートが必要です。

この文型が登場する教科書

みんなの日本語2
できる日本語 中級4課:地域を知って生活する
¥3,740 (2020/02/17 21:50:42時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA