【故事・ことわざ】馬の耳に念仏



「馬の耳に念仏」の意味

意味馬にありがたい念仏を聞かせても、理解できないので無駄である。
= 意見やアドバイスを聞こうとしない人には、何を言っても無駄であることのたとえ。
英訳It is useless to tell a grateful sutra to a horse, because it does not understand.
= A metaphor for the futility of saying anything to people who do not want to listen to opinions and advices.

例文

・いくら勉強の大切さを説明しても、ゲームに夢中な息子には、馬の耳に念仏だ。

・彼に何度注意しても宿題を忘れくるので馬の耳に念仏である。

同じ意味・似ている意味のことわざ

関連書籍

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA