【故事・ことわざ】団栗の背比べ(どんぐりのせいくらべ)



「団栗の背比べ」の意味

意味どんぐりは、形も大きさもほとんど同じで、特に目立って大きいものがない。
= どれも平凡で、特に優れたものがないことのたとえ。
英訳The acorns are almost all the same in shape and size, and none of them are particularly noticeably large.
= A metaphor for the fact that all of them are mediocre and nothing is particularly outstanding.

例文

・今回の絵画コンクールは団栗の背比べで、これといって引きつけられる作品がなかった。

・俺の絵が下手だというが、お前のも大して上手くないじゃん。これじゃあ、団栗の背比べって言われるぞ。

・彼にテストの点数で勝って喜んでるけど、45点と48点じゃ団栗の背比べだよ。

類義語

・五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)

関連書籍

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA