【故事・ことわざ】虎の威を借る狐(とらのいをかるきつね)



「虎の威を借る狐」の意味

意味力の無い者が、強い人の力にたよって周りに威張ることのたとえ。
英訳A fox that borrows the authority of a tiger
= A metaphor for a person who is not powerful, relying on the power of a stronger person to dignify those around him/her.

・威(い)= 他のものを恐れさせる勢いや、従わさせる力

・借る(かる)= 借りる

由来

中国の書物にある、次のような話から。

虎が狐を食おうとした時、狐が「私は神様の使いだから、食べないほうがいい。嘘だと思うならついてこい。どんな動物も私の姿を見ると逃げていくさ。」と言った。

虎は狐についていくと、狐の言った通りどんな動物も逃げていった。

実際は虎を怖がって逃げていただったのだが、虎は自分を恐れたのでなく、 狐を見て逃げたのだと思い込んでしまった。

例文

・高橋君はクラスのボスと仲が良く、いつもみんなに威張っていたが、そのボスが転校したとたん急に静かになってしまった。あんなに威張ってたのに虎の威を借る狐だったんだね。

関連書籍

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA