【故事・ことわざ】白羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)



「白羽の矢が立つ」の意味

意味たくさんの中から、特に選び出されることのたとえ。
英訳A metaphor for being singled out from among many.

白羽:わしの白い羽。

由来

人身御供(ひとみごくう)を求める神が、選んだ少女の家の屋根に、印として白羽の矢を立てたという俗信から。

※人身御供:いけにえとして人身を神に供えること、また、そのいけにえ。

例文

・次の生徒会長には、田中くんに白羽の矢が立った

・次の部長には、試合でいつも活躍している鈴木くんに白羽の矢が立った

関連書籍

コメントを残す

CAPTCHA