【故事・ことわざ】立つ鳥跡を濁さず(たつとりあとをにごさず)



「立つ鳥跡を濁さず」の意味

意味立ち去る者は、その場所が見苦しくないよう、きちんときれいにしておくべきであると言う教え。
英訳The lesson that the one who leaves should keep the place clean so that it is not unsightly.

由来

水鳥が飛び立つ時は、水辺を濁さないようにして飛び立つことから。

例文

立つ鳥跡を濁さず、部活の最終日はみんなで部室をきれいに掃除しようと思います。

立つ鳥跡を濁さず、退職するにあたり、業務の引継ぎやデスクの片付けをきちんと行います。

関連書籍

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA