【故事・ことわざ】独活の大木(うどのたいぼく)



「独活の大木」の意味

意味体だけが大きく、何の役にも立たないことのたとえ。
英訳A metaphor for just being big and useless.

由来

独活(うど)は成長すると、約2メートルにもなるが、茎は柔らかく木材として使い物にならないことから。

例文

彼は体が大きいのに、力仕事をお願いしてもいつも断られる。まさに独活の大木である。

関連書籍

コメントを残す

CAPTCHA