日本語を使ったゲーム・活動例

ゲーム:しりとり / あたまとり
活動:知っている単語を使ってしりとり(あたまとり)をする。
対象:初級からOK
人数:少人数からOK

ねらい・Can - do

語彙を増やす。 

準備物

特になし。

やり方

説明不要だと思うので、省略。

「あたまとり」はしりとりの逆で、あたまの文字をとります。

活動例

T:時間があるので、少しゲームをしましょう。
S:はい。
T:じゃあ、「しりとり」をします。みなさん、知っていますか。
S:いいえ
T:しりはお尻です。とりはとりますです。お尻をとります。
S:え???
T:たとえば、「りんご」。りんごのお尻、りんごの最後の言葉は「ご」ですね。
S:はい。
T:りんごのおりし、「ご」をとって、言葉を作ります。
  例えば、ゴリラ。ゴリラのお尻の文字はなんですか。
S:ラです。
T:そうですね。じゃあ、ラを使って言葉を作ってください。
S:ラーメン
T:はい、ラーメンのお尻の文字は?
S:ンです。
T:そうですね。ンで言葉を作れますか?
S:いいえ、作れません。
T:そうですね。お尻がンの言葉はダメです。

板書
りん → ゴリ → ラーメ → ✖︎

T:はい、じゃあ、やってみましょう。

スポンサーリンク