中級を学ぼう-中級前期 第4課:くしゃみ

使用教材

中級へ行こう 日本語の文型と表現55 第2版

語彙や文法の導入

1. ウォーミングアップ

T:(動物の写真を配布して)みなさん、プリントの動物の名前がわかりますか。
S:(それぞれ答える)

犬、猫、豚、鳥、鶏、からす、牛、馬

T:じゃあ、これらの動物の鳴き声はどう表現しますか。
T:犬はどうですか。
S1:バウ

同様に他の動物についても質問し、日本ではどう表現するかも伝える。

T:(くしゃみの写真を見せて)じゃあ、これは何ですか?
S:・・・。日本語でわかりません。
T:これは「くしゃみ」と言います。じゃあ、「くしゃみ」の音はどんな音ですか。
S:(答える)
T:日本では、「はくしょん」と言います。

T:みなさん、いつ「くしゃみ」をしますか。
S:わかりません。
T:じゃあ、どうしてくしゃみをしますか。
S1:出ますから。
S2:理由はわかりません。
T:じゃあ、今日は「くしゃみ」の勉強をしましょう。

単語意味
pig
chicken
からすcrow
くしゃみsneeze

2. 新しいことばと練習

媒介語で未習の語彙を紹介 or 事前に宿題として意味を調べさせる。
それぞれの単語をリピート、意味を確認した後、教科書の「ことばの練習」を実施する。

単語意味
見上げるto look up
飛び出すto blast off
押し出すto push out
伝わるto communicate
受け取るsneeze
(くしゃみが)起こるto take place
表すto indicate
異物foreign object
反射運動reflex action
ほこりdust
light
器官organ
刺激stimulation
brain
神経nerve
誤作動improper operation
国内外home and abroad
調査investigation
自覚症状subjective symptom
実際actual
親子parent and child
生理現象physiological phenomenon
まぶしいtoo bright
興味深いintriguing
一般的なcommon
そっくりなexactly alike
発作的にon a sudden impulse
社会学的にsociologically
本来fundamentally
つまりin other words


3. 新しい文型

T:じゃあ、本文を読む前に、新しい文型を勉強しましょう。

(1) 複合動詞(Vマスだす・込む)

[意味]
(1)〜だす:空間的出現を表す(内側から外側への移動) / 開始
(2)〜込む:空間的移動を表す(外側から内側への移動) / 十分に

[英訳]
(1)〜だす:Indicates spatial appearance of something / Commencement
(2)〜込む:Indicates spatial movement of something / Completely

[接続]
Vマス + だす
Vマス + 込む

[JLPT レベル]
N4, N3

 

[だす・込むに接続する動詞の例]
(1)だす
引く、取る、抜く、選ぶ、絞る、逃げる、走り など

(2)込む
詰める、押す、はめる、飛ぶ、投げる など

[例文]
(1)〜だす:空間的表現
・コインロッカーから預けた荷物を取り出した。
・集中豪雨で川の水があふれ出そうだ。

(1)〜だす:開始
・突然、雨が降り出した。
・食べだしたら、止まらない。
・気になりだすと、調べずにはいられない。
・泥棒は警察をみると、突然、走り出した。

(2)〜込む:空間的移動
・あまり暑いので、プールに飛び込んだ。
・冷たい風が吹き込んできた。

(2)〜込む:十分に
・この料理は野菜も肉も柔らかく煮込んであって、美味しい。
・その問題について、深く考え込んだ。

単語の導入時、もしくは読解後に導入する。

①導入
[V出す] T:みなさん、「飛び出す」はどんな意味だと思いますか。
S:飛び始める?
T:初級で、「Vだす」はVを始めると勉強しましたね。でも、今日、もう1つ意味があります。
T:じゃあ、「飛びます」は?
S1:空を飛びます。
S2:ジャンプします。
T:そうですね。じゃあ、「出します」はどんな意味ですか。
S1:カバンの中から、ペンを出す。
S2:財布の中から、お金を出す。
T:そうですね。カバンの中、財布の中、中から外に動かせることですね。
T:じゃあ、「飛び出す」はどんな意味だと思いますか。
S:中から外にジャンプする?
T:いいですね。じゃあ、この絵を見てください。男の人は何をしていますか。

S:くしゃみ
T:そうですね。くしゃみは口の中から外に飛んで、出ますね。くしゃみが飛び出すと言います。
板書
くしゃみが飛び出す。
T:中から外に出る時は、〜出すを使います。
[V込む] T:(プールに飛び込む写真を見せて)何をしていますか。
S1:プールにジャンプしています。
S2:プールに入り出す!
T:いいですね。プールに飛んでいますね。V出すは中から外に動く時に使いました。これはどうですか。外からプールの中に入りますね。
S:プールに飛び入る?
T:いいですね。でも飛び入るじゃありません。プールに飛び込むと言います。

板書
プールに飛び込む。
T:「V込む」は外から中に入る時に使います。
T:じゃあ、この人は何をしていますか。
S:考えています。
T:そうですね。何か考えています。この人は10分、ずっと考えています。
S:長いですね。
T:とても長い時間、考えています。たくさん考えています。
T:この男の人は考え込んでいます。
板書
この男の人は考え込んでいます。
T:「考え込む」はたくさん、長い時間、考えるという意味です。
T:V込むは「外から中にVする」、「長い時間、Vする」2つの意味があります。

②基本練習1:(     )に動詞を適当な形に直して入れる。

③基本練習2:町でよくみる標語とその意味

③読もう・書こう

(2)助詞+「の」(での / からの / までの / との / への)

で   → での
から  → からの
まで  → までの
と   → との
へ   → への
人に  → 人への

①導入
後日、追記予定

②基本練習:変換練習

③読もう

(3)Vル / Nの途中〜

[意味]
し始めてからし終わるまでの間のある段階

[英訳]
On one's way / In the middle of / In the process of

[例文]
・帰る途中に、本屋へ寄った。
・駅に行く途中で雨が降ってきた。
・駅に行く途中、友達にあった。
・映画館に行く途中、転んでしまった。
・宿題の途中で、寝てしまった。

①導入
T:皆さんは、昨日授業のあと、家へ帰りましたか。
S:はい。
T:どこにへ行きませんでしたか?
S1:本屋に行ってから、帰りました。
T:そうですか。昨日、授業のあと、家へ帰りました。家へ帰る途中、本屋に寄りました。(絵も描いて説明する。)

他のSにも質問する。

板書
S1さんは、帰る途中、本屋に寄りました。

T:「家に帰る」の名詞は何というか知っていますか。
S:帰宅
T:はい。帰る途中、本屋に寄りました。
T:名詞を使っても言うことができます。帰宅の途中、本屋へ寄りました。です。

板書
帰る途中、本屋へ寄りました。
=帰宅の途中、本屋へ寄りました。

②基本練習

(4) なぜか

[意味]
理由・原因がはっきりしない様子を表す。どうしてかわからないけど〜。

[英訳]
for some reason / I don't know why but

[例文]
・たくさん寝たのになぜかまだ眠い。
・たくさん食べたのになぜか太らない。
・彼は嫌な奴なのになぜか嫌われない。
・なぜか分からないが、悪いことが起こる予感がする。

①導入

T:みなさん、土曜日も早く起きますか。
S1:いいえ、遅くに起きます。
S2:昼まで寝ます。
T:私もよく昼まで寝ます。でも、昼まで寝たのに、眠い時がありませんか。
S:はい、あります。
T:たくさん寝ました。まだ眠いです。どうしてですか。
S:わかりません。
T:わからないですよね。私もわかりません。
T:たくさん寝ました。どうしてかわかりませんが、まだ眠いです。

板書
たくさん寝ました。どうしてかわかりませんが、まだ眠いです。

T:ちょっと長いですね。新しい言い方を覚えましょう。
T:たくさん寝たのに、なぜかまだ眠いです。です。

板書
たくさん寝ました。どうしてかわかりませんが、まだ眠いです。
→たくさん寝たのに、なぜかまだ眠いです。

T:「なぜか」は「どうしてかわかりません。でも」という意味です。

②書こう・話そう
「なぜかきになること」をテーマに短い作文を書く。

(5) Vとたん

[意味]
〜するとすぐに(予期しないというニュアンスの内容が後ろに続く)
後件では、予期しなかったことが述べられるので、意志を表す文はこない。

[英訳]
Followed by a remark indicating unexpectedness or surprise.

[接続]
Vタ + とたん

[JLPT レベル]
N3

[例文]

・本を読んでいて、急に立ち上がったとたん、気分が悪くなった。
・家を出たとたん、雨が降ってきた。
・ドアを開けたとたんに、荷物が崩れ落ちてきた。
・二人は、出会ったとたんに、恋に落ちたそうです。
・空港で母の顔を見たとたん、涙が溢れ出てきた。
・犯人は警官の姿を見たとたん、逃げ出した。
・疲れていたので、ベッドに入ったとたん、眠ってしまった。
・その赤ん坊は、私の顔を見たとたんに、泣き出した。
・旅行から帰ってきたとたん、風邪を引いてしまった。
・彼は結婚したとたん、付き合いが悪くなった。

①導入
  

写真の引用元:http://www.3anet.co.jp/ja-relation/katsuyokoza09/1855/ 

T:(上記の写真を見せて)この人は何をしましたか。
S:ドアを開けました。
T:そうですね。ドアを開けました。何が起きましたか?
S:荷物が落ちました。

板書
ドアを開けると、突然、荷物が落ちてきました。

T:そうですね。この人がドアを開けると、突然、荷物が落ちてきました。
T:この人は荷物が落ちてくると知っていましたか。
S:いいえ、知らないと思います。
T:どうしてわかりますか。
S:びっくりしていますから。
T:そうですね。ドアを開けると、突然、荷物が落ちてきました。この人は荷物が落ちてくると知りませんでした。
T:もっと良い言い方があります。
T:ドアを開けたとたん、荷物が落ちてきました。

板書
ドアを開けると、突然、荷物が落ちてきました。(この人が思っていなかったことが起きました。)
→ドアを開けたとたん、荷物が落ちてきました。
T:S1さん、これプレゼントです。
S1:ありがとうございます。
T:どうぞ、開けてください。
S1:わぁ、びっくりした。なんですか。
T:びっくりさせて、ごめんなさい。
T:みなさん、私はS1さんにプレゼントを開けました。S1さんは何をしましたか。
S:プレゼントを開けました。
T:そうですね。プレゼント開けましたね。プレゼントを開けると、何が起きましたか。
S:ヘビのおもちゃが出てきました。
T:そうですね。プレゼントを開けると、突然、ヘビが出てきました。
T:S1さんはヘビが出てくると知っていましたか?
S:いいえ、知リませんでした。
T:プレゼントを開けると、突然、ヘビが出てきました。S1さんが思っていなかったことが起きました。
T:プレゼントを開けたとたん、ヘビが出てきました。
板書
プレゼントを開けると、突然、ヘビが出てきました。(S1さんが思っていなかったことが起きました。)
→プレゼントを開けたとたん、ヘビが出てきました。
T:「ドアを開けたとたん、荷物が落ちてきました。」は、ドアを開けると、突然、荷物が落ちてきました。荷物が落ちると思っていませんでした。です。
T:「プレゼントを開けたとたん、ヘビが出てきました。」は、プレゼントを開けると、突然、ヘビが出てきました。ヘビが出てくると思いませんでした。です。
T:前の文をして、思っていないことが突然、起きる時、「Vたとたん〜」と言います。

 

②基本練習:結合練習

(6) 「Vタところ」、「Vタばかり」、「Vタとたん」の整理

①基本練習:選択問題

②応用練習:後件作成

(7)〜ことに〜

[意味:とても〜なのですが]
話し手が感じたことを先に述べる表現。
先に述べることで、その気持ちを強調する言い方。少し書き言葉よりの表現。

後件に意志文は来ない。
×嬉しいことに、来年アメリカへ留学するつもりだ。

[英訳]
Stating one's strength of emotion at the beginning of a sentence

[接続]

Vタことに
Aい
Naな


[JLPT レベル]
N2

[例文] ・嬉しいことに、彼女の返事は「YES」だった。
・不思議なことに、空から魚が降ってきた。
・珍しことに、今日は先輩のおごりだそうだよ。
・幸いなことに、その事故でけが人は一人もいなかった。
・困ったことに、試験の受験票を置いてきてしまった。
驚いたことに、彼女は3回も離婚しているんだ。
・面白いことに、隣の家も、その隣の家も同じ苗字なんです。

①導入
T:みなんさんはいくつか気持ちを表す言葉を勉強しましたね。
S:はい。
T:どんな言葉を勉強しましたか。
S1:嬉しい、悲しい
S2:寂しい
S3:面白い
T:いいですね。じゃあ、最近、嬉しかったことがありましたか。教えてください。
S1:最近、彼女ができました。
T:いいですね。

板書
最近、彼女ができました。嬉しいです。

T:最近、彼女ができました。嬉しいです。
T:嬉しいという気持ちを先に伝えたいです。どうやって言いますか。
S:私はとても嬉しいです。最近、彼女ができました。
T:もっと良い言い方があります。
T:嬉しいことに、最近、彼女ができましたです。

板書
嬉しいことに、最近、彼女ができましたです。

T:〜ことには、うれしい、悲しい、寂しいなど、感じたことを先に言いたい時に使います。自分の気持ちが強く言いたい時、(感じたこと)ことにを使います。

T:「〜ことに」と一緒に使える言葉は少ないですから、よく使う言葉を覚えておきましょう。

よく一緒に使う言葉
嬉しい / 悲しい / 困った / 珍しい / 不思議な / 驚いた / 面白い / あきれた

②応用練習1:後件作成

③応用練習2:穴埋め問題



本文読解

1. QAの確認

本を読む前に、 まず、QAの内容を確認する。

T:じゃあ、これから「くしゃみ」の文章を読みます。はじめに、プリントを配ります。1枚は文章で、もう1枚は文章の問題です。
(読み物とタスクシートを配布)

T:じゃあ、最初にタスクシートを見てください。問題は3つあります。文章の質問です。みなさんには文章を読んで、答えを考えてもらいます。

2. 本文を読む

T:最初に私が文章を読みますから、みなさんは聞いてください。そしてどんな話か考えてください。私が読んだ後、みなさんが文章を読んで答えを考えます。
(教師が文章を全て読む:範読)

T:はい、今からみなさんに文章を読んでもらいます。一人で声に出さないで読んでください。文章を読みながら答えを考えて、タスクシートに書いてください。
(わからない言葉があっても、辞書は使わないで頑張って読みましょう)
S:(個々で黙読し、質問の答えを考えて書く)
T:(机間巡視)

3. ピア活動

T:では、読めましたか?みなさん、どんな話かわかりましたか?S1さんどうですか?
S1:わかりました。
T:S2さんどうですか?
S2:あまりわかりませんでした。
T:そうですか。どんなところが難しかったですか。
S2:時間が足りなかった。単語が難しかったなど。
T:そうですか。まだ、全部できていない人もいるかもしれませんが、グループで答えを考えましょう。じゃあ、これからペアを作ります。S1さんとS2さん、S3さんとS4さん、S5さんとS6さんがペアです。
S:(席を移動する)
T:じゃあ、グループの人と一緒に、どんな話だったか話してください。その後、質問の答えを相談してください。答えが同じじゃない時は、ペアで相談して答えを考えてください。
S:(ペアで答えを検討する)
T:(机間巡視)

4. 答えの確認

T:ペアでたくさん相談しましたか。それでは、一緒に答えを確認しましょう。

Sに質問文を読ませ、答えを確認する。

後作業:リスニングや作文など

1. 聴解タスクシート

CDを聞きながら、空欄の部分を記入させる。CDにはゆっくりしたスピードとナチュラルスピードが録音されているので、学習者のレベルに応じて選択すると良い。ゆっくりスピードでも生徒が聞き取れなければ、教師がもっとゆっくりしたスピードで読むと良いだろう。

2. シャドーイング

これは教科書にはないタスクだが、時間があれば実施する。

3. 作文

できる限り時間内に書かせて提出させる。

スポンサーリンク