文型:N1からN2にかけて

[意味]

N1ぐらいからN2ぐらいまで
始まりと終わりがはっきりしない範囲を表す。1回だけのことには使わない。

[英訳]
From N1 to N2

[接続]
N1 + から + N2 + にかけて

[JLPT レベル]
N3

例文

・今晩から明日にかけて蒸し暑い天気となるでしょう。

・毎朝、7時から8時にかけて、バスが込む

・明日は近畿地方から関東地方にかけて、大雨が降るでしょう。

・土曜日の夕方から日曜日の朝にかけて、雨になりそうです」

六月から七月にかけて、日本は梅雨のシーズンです。

誤用例

ポイント
「N1からN2にかけて」はN1からN2までの範囲内で連続的にあることが続いていると言いたい時に使う表現。よって以下のように1回だけのことには使えない。

・夜中から明け方にかけて、友人が家を訪ねてきた。

・私の家から駅にかけて、たくさんお店があります。

この文型が使われいる教科書

●できる日本語 中級 第1課

スポンサーリンク