使用教材

第3課の学習項目

Can-do
目上の人を歓迎会や送別会に誘うことができる。
語句と表現
〜でしょうか
〜と思いまして・・・・
〜(て)いただきたい
お / ご 〜なく
〜ております
・「おいでになる」

1. できますか

進め方
・この課の「テーマ」と「Can do」を確認し、文章の場面を確認する。
・文章を読んで、主人公「アレックス」が使っている敬語について、どこが変か、どういえば良いのかを考えさせる。

ウォーミングアップ

T:今日のトピックは「誘う」です。
T:皆さん、年上の人をパーティーや食事に達に誘ったことがありますか。
S:はい、あります。
T:誘った時、どのように誘ういましたか。
S:パーティーにきていただけませんかと言いました。
T:いいですね。

T:じゃあ、初めに、教科書の文を読みましょう。S1さん最初の文を読んでください。
S:(教科書を読む)
T:アレックスさんはどこにいると思いますか。
S:会社
T:そうですね。何をしようと思っていますか。
S1:金子部長を送別会に誘います。
T:そうですね。

T:はい、じゃあ、教科書を読みましょう。

会話を読む

T:じゃあ、S1さんはアレックスさんです。S2さんは金子部長です。
T:S1さん立ってください。
S1:立つ。
T:じゃあ、読みましょう。

読む時は、プリントを見ながらでいいので、役になりきって、読む。

読んだ後に・・・
T:アレックスさんと、金子部長の会話はどうでしたか。何か変なところがありましたか。ペアの人と相談してみてください。
S:(相談する。)

T:相談できましたか。
S:はい。
T:じゃあ、何が気がついたことはありますか。
S1:「ちょっと」が少し変です。
S2:おいでになる?

Sの回答を確認した後・・・
T:じゃあ、1つずつチェックしましょう。
T:S1さん、最初の文を読んでください。
S1:部長、ちょっと。
T:はい、これはいいですか。
S:変です。
T:じゃあ、どんな言葉がいいと思います。
S:ちょっと、いいですか。
T:もっと丁寧な言い方があります。
T:ちょっと、よろしいでしょうか。です。

板書
ちょっといいですか。 <  ちょっとよろしいでしょうか。

T:誰かに話かけるとき、始めに、「ちょっとよろしいでしょうか」と聞きます。

T:じゃあ、S1さん次のアレックスさんの言葉を読んでください。
S1:日曜日は暇ですか。
T:はい、この言葉はどうですか。
S1:いいと思います。
T:どうしていいと思いますか。
S1:「です」を使っていますから。
T:「です」を使っていますね。でも目上の人に「暇ですか。」はちょっと失礼な言い方です。
S:じゃあ、何といいますか。
T:日曜日はご都合いかがでしょうか。ご予定がありますか。といいます。

板書
ひまですか。→ ごつごういかがでしょうか。 / ご予定はありますか。
T:じゃあ、次を読んでください。
S:部長も来たいですか。
T:これはどうですか。
S:少し失礼です。
T:そうですね。目上の人に「Vたいですか。」は使えません。
T:誰かを丁寧な言葉で誘う時、どんな言い方が良いと思いますか。
S:来ていただけませんか。
T:そうですね。
T:「来ていただけませんか。」はいいですね。
板書
来たいですか。→来ていただけませんか。

T:他にも、「来ていただきたいんですが」や「来ていただけないと思いまして」、「いらっしゃいませんか」、「いかがでしょうか」という言い方もあります。

T:じゃあ、次を読んでください。
S:もしいらっしゃりたいなら、ご遠慮なさらないでください。
T:はい、これはどうですか。
S:いいと思います。
T:どうしてですか。
S:敬語を使っていますから。
T:敬語を使っていますね。「いらっしゃりたい」はどんな意味ですか。
S:来たい
T:そうですね。目上の人に「Vたい」は使えませんね。
S:あぁ。
T:「いらっしゃりたい」はダメです。じゃあ、どんな言葉がいいと思いますか。もし・・・?
S:・・・。
T:「来てくださる。」や「来ていただける。」を使います。

板書
いらっしゃりたい → 来ていただける / 来てくださる

T:ご遠慮なさらないでください。これはどうですか。
S:敬語を使っていますからいいです。
T:敬語を使っていますね。でも、遠慮しないでくださいはあまり良くないです。
S:じゃあ、なんと言いますか。
T:ご遠慮なく。と言います。

板書
ご遠慮なさらないでください。 → ご遠慮なく。

T:じゃあ、次を読んでください。
S:では、楽しみにしています。
T:はい、これはどうですか。
S:少しダメです。
T:じゃあ、どうやって言いますか。
S:楽しみにしております。
T:そうですね。

板書
楽しみにしています → 楽しみにしております
アレックスさんの誤用まとめ
・ちょっと → ちょっとよろしいでしょうか
・ひまですか → ご都合いかがでしょうか。 / ご予定はありますか。
・来たいですか。→来ていただけませんか。
・いらっしゃりたい → 来ていただける / 来てくださる
・ご遠慮なさらないでください。 → ご遠慮なく。
・楽しみにしています → 楽しみにしております。
単語意味
誘うto invite
控えめreserved / restrained
印象を与えるto give consideration to
当日on that day
推薦状reference letter
気遣うto give consideration to
構うto bother onself
遠慮するto be reseved



2. 敬語で行ってみよう

進め方
・正しい敬語の表現や形を確認する。
・確認できたら、もう一度、文章を正しい敬語を使って読む

T:はい、全部読めました。
T:誰かをパーティーや食事に誘いたいとき、最初になんと言いますか。
S:ちょっとよろしいでしょうか。
T:そうですね。

T:じゃあ、S2さんはS3さんにパーティーに来て欲しいと思っています。S3さんが忙しいかもしれ前んから、予定を確認します。何と言って、確認しますか。
S2: S3さん、今度パーティーをするんですが、ご都合はいかがでしょうか。

T:そうですね。そして誘いたいです。なんと言って誘いますか。
S2:S3さんにも来ていただきたいと思っているんですが。

T:そうですね。そして、S3さんは、「お土産を持って行ったほうがいいですか」と言いました。S2さんは何と言いますか。
S:お気遣いなく。

3. 練習しましょう

進め方
・CDを聞きながら、練習をする。(生徒のレベルによりやり方は調整するが、基本は以下を想定)
①文字を見ながら聞いてもらう。
②慣れてきたらCDを一時停止して、リピートしてもらう。
③さらに慣れてきたら、聞く前に想像して言わせる。
④最後にもう一度、CDと、一緒に言わせる。

T:じゃあ、もう少し練習しましょう。始めに、聞いてください。
S:(CDを聞く)

T:じゃあ、今度は、リピートしましょう。
S:(CDを聞いてリピートする)

T:じゃあ、次は、聞く前に言いましょう。S1さん、1番は?
S:明日はお忙しいでしょうか。

T:じゃあ、もう一度、CDを聞きながら、言いましょう。
S:(CDを聞きながら、言う。)

 問題数はあまり多くないので、もっと練習させたい場合は、例文を事前に用意しておくこと。

4. これでOK!

進め方
・音声サンプルを繰り返し聞いて、一緒にリピートしたり、シャドーイングをする。
→また、宿題として、何回も家で読ませる。

T:はい、じゃあ、次のページを見てください。
T:アレックスさんは敬語の勉強をしました。そして、金子部長を送別会に誘います。
T:じゃあ、今から、CDを聞きます。教科書を見ながら、聞いてください。

CDを流す。

T:どうですか。意味がわかりましたか。
S:はい。
T:じゃあ、CDをもう一度、聞きましょう。今度は、CDと一緒に読んでください。

CDを流し、Sは一緒に読む。
CDのスピードが速い場合は、Tが読んで、Sがリピートする。

T:はい、OKです。



5. チェックしましょう

進め方
・この課で勉強した、敬語の言葉や表現を確認する。
・チェックシートに書かせて答えを確認する。

T:じゃあ、問題にチャレンジしましょう。
T:ノートに答えを書いてください。
S:(問題を解く)
T:じゃあ、1番の答えは何ですか。
S:おかまいなく
T:いいですね。

他の問題も答えを確認する。

6. スタイルを変えてみましょう

板書
・敬語を使って答えさせる。
・それから、CDを聞かせて、リピートさせる。

T:展覧会、田中さんも見に来てください。敬語スタイルで?
S:展覧会、田中さんもいかがかと思いまして・・・・。見にいらっしゃいませんか。
T:いいですね。じゃあ、友達スタイルで何と言いますか?

他の文も確認してから、
T:今度は、CDを聞いて、リピートしましょう。
S:(CDを聞いてリピートする)

7. やってみましょう

進め方
・ロールプレイで「Can do」が達成できたかをチェックする。

T:はい、じゃあ、最後にロールプレイをしましょう。
T:(ロールカードを配布)

T:はい、じゃあ、ペアで練習してください。後で、前でやってもらいます。
T:今日勉強した言葉を使ってくださいね。

S:(練習して、発表)

 発表後に発表を見ていた学生に良かった点や、もう少し改善したところがいい点を確認する。
スポンサーリンク
関連キーワード