ざっくりと流れだけ書きました。 中身が全然ないので、後日詳細を追記予定です。

使用教材

みんなの日本語 初級1

できるようになること (Can-do)

・普通形が作れる
・文の丁寧体、普通体の違いがわかる。
・親しい人と簡単な普通体の会話ができる。

動詞文の普通体

導入

T:S1さんは、先週の土曜日、何をしましたか?
S1:本を読みました。映画をみました。京都へ行きました。
T:じゃあ、S1さん、次の土曜日何をしますか?
S1:友達と遊びます。
T:いいですね。
T:じゃあ、S1さん、S2さんに聞いてください。
S1:S2さん、先週の土曜日、何をしましたか?
T:(写真を見せて)これは誰ですか。
S:校長先生?
T:そうですね。
T:じゃあ、校長先生に。
S1:校長先生は先週の土曜日、何をしましたか。
T:いいですね。(他の写真を見せて)これは私の友達です。田中さんです。
T:S2さん、田中さんに。
S2:田中さんは先週の日曜日何をしましたか。
T:はい、いいですね。
T:じゃあ、S1さん、S2さんに。先週の土曜日?
S1:先週の土曜日、何をしましたか。
S2:先週の土曜日、テレビを見ました。

T:S1さんとS2さんは友達ですから、「何をしましたか?」じゃありません。「テレビを見ました。」じゃありません。
T:「何をした?」、「テレビを見た」です。

板書
何をしましたか? → 何をした。
テレビを見ました。 → テレビを見た。

T:先生と話します。校長先生と話します。初めましての人と話します。何をしましたか。テレビを見ました。いいです。

T:話します。話しません。話しました。話しませんでした。
T:みなさん、もう勉強しましたね。
S:はい。
T:これは、丁寧形です。
T:先生と話します。校長先生と話します。丁寧形を使います。

 

T:友達と話します。家族と話します。何を見ましたか。テレビを見ました。じゃありません。何をした。テレビを見たです。

T:これは、普通形です。友達と話します。家族と話します。普通形を使います。
T:今日は、普通形を勉強しましょう。

(動詞の普通形の作り方を説明する。)

(い形容詞の普通形の作り方を説明する。)

●丁寧形

affirmativenegative
present / futureたベますたべません
pastたべましたたべませんでした

●普通形

affirmativenegative
present / futureたべるたべない
pastたべたたべなかった

練習

●丁寧形を普通形に変換する練習


い形容詞の普通体

導入

T:動詞の普通形は終わりです。次はこれです。何ですか。
S:形容詞。
T:そうですね。

(い形容詞の普通形の作り方を説明する。)

●丁寧形

affirmativenegative
present / futureたかいですたかくないです
pastたかかったですたかくなかったです

●普通形

affirmativenegative
present / futureたかいたかくない
pastたかかったたかくなかった

練習

●丁寧形を普通形に変換する練習

な形容詞の普通体

導入

T:い形容詞の普通形は終わりです。次はこれです。何ですか。
S:な形容詞。
T:そうですね。

(な形容詞の普通形の作り方を説明する。)

●丁寧形

affirmativenegative
present / futureゆうめいですゆうめいじゃありません
pastゆうめいでしたゆうめいじゃありませんでした

●普通形

affirmativenegative
present / futureゆうめいだゆうめいじゃない
pastゆうめいだったゆうめいじゃなかった

練習

●丁寧形を普通形に変換する練習

名詞の普通体

導入

T:な形容詞の普通形は終わりです。最後はこれです。何ですか。
S:名詞。
T:そうですね。

(名詞の普通形の作り方を説明する。)

●丁寧形

affirmativenegative
present / future学生です学生じゃありません
past学生でした学生じゃありませんでした

●普通形

affirmativenegative
present / future学生だ学生じゃない
past学生だった学生じゃなかった

練習

●丁寧形を普通形に変換する練習

スポンサーリンク
関連キーワード