文型1:〜に対して(対象)

[意味]
〜に / 〜を相手として

[英訳]
toward

[接続]
N + に対して

[JLPT レベル]
N3

[備考]
後ろに名詞が来る場合は「〜に対するN」という形をとる。

例文1

・私の先生は男の子に対しては厳しいが、女の子に対しては優しい。

・彼は日本の政治に対して不信感を持っている。

・思春期になると、親に対して反抗したくなるものだ。

・社会人になると自分の発言に対して責任を持たなくてはいけない。

・いつも嘘をつくから、彼に対する不信感は増すばかりだ。

・彼の意見に対して、反対の者は手をあげてください。

文型2:〜に対して(対比)

[意味]
〜に対比して考えると

[英訳]
in contrast to

[接続]
N + であるのに対して
N + なのに対して
なA + であるのに対してい
なA + なのに対して

[JLPT レベル]
N3

例文2

・兄は活発なのに対して、弟はおとなしい性格だ。

・日本人の平均寿命は男性が約80歳なのに対して、女性は約85歳だ。

・8月の日本の季節は夏なのに対して、オーストラリアの季節は冬です。

スポンサーリンク