文型:~わりに

[意味]
~と思えないくらい / ~とは不釣り合いに

この程度のレベルかなと思っていたのに、実際にはそれよりもよかった、あるいは悪かった時に使う。程度の差には幅がある。

[英訳]
considering

[接続]
V(普) + わりに
イA(普) + わりに
ナA(普) + わりに
N + のわりに

V言う言うわりには
イA高い高いわりに
ナA大変な大変なわりに
N値段値段のわりに

[JLPT レベル]
N3

例文

・同僚はいつも忙しいと言っているわりに、仕事中によくスマホでFacebookを見ている。

・彼は勉強していなかったわりに、テストの点が良かった。

・田中さんは留学の経験がないわりに、綺麗な発音で英語を話す。

・この鞄は高いわりに、よく売れる。

・日本語教師の仕事は忙しいわりに、給料は安く辞める人も多い。

・システムエンジニアの仕事は大変なわりに、給料が低いのでフリーランスになる人も増えている。

・このラーメンは値段のわりに、おいしかった。

・(写真を見ながら)え?この人、50歳なの?歳のわりに、若く見えますね。

・本当にスキーしたことのないの?初めてのわりに、上手に滑れているよ。

誤用例

× 毎日、10時間も勉強したわりには、不合格だった
〇 毎日、10時間も勉強したわりには、成績があまりよくなかった

上の文のように、「~わりには」の後件には制限があります。誤用例では、合格か不合格か2つしか結果がなく、その間の幅がありません。

このように幅がないものには「~わりには」が使えません。

類似文型

この文型が使われている教科書

できる日本語 中級 第2課 楽しい食事・上手な買い物
¥3,672 (2018/12/14 21:52:14時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク