【JLPT N3】文法・例文:〜かける / 〜かけの

文型:〜かける / 〜かけの

[意味]
① 途中まで~して、まだ~し終わらない
② 〜しそうになる。

継続動詞と接続すると①の途中までの状態であることを表す。
瞬間動詞と接続すると②の直前を表す意味。

[接続]
V(ます形)ます + かける
V(ます形)ます + かけのN

[JLPT レベル]
N3

例文

・テーブルの上に飲みかけのコーヒーがおかれている。

・息子はやりかけの宿題をおいて、遊びに出かけてしまった。

・「壊れかけのradio」は尾崎豊の名曲だ。

・下痢が治りかけていたのに、何か変な物を食べたのか、またお腹が痛くなってきた。

・母は夕食を作りかけて、今ドラマに夢中だ。

・書きかけのレポートを今日中に仕上げるつもりだ。

・このきゅうり、ちょっと柔らかいし、変わった臭いがするし、腐りかけているよ。

・4月に入って、桜が徐々に散りかけている

・スマホに夢中で、前の人にぶつかりかけた

・足がつって、溺れかけた

・地震で家が崩壊し、死にかけたが、なんとか一命を取り留めた。

・お店でコーヒーカップを見ているときに、手が滑って、商品を落としかけた

・雨で床が濡れていたせいで、滑って転びかけた

・トムさんは何か言いかけたが、そのまま黙ってしまった。

・もうダメだと諦めかけた時、空が白い光に包まれた。

・まだ病気が治りかけなのに無理をするから、悪くなるんだよ。

・彼のことを嫌いになりかけたけど、優しくされたらまた好きになっちゃった。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA