【JLPT N3】文法・例文:〜むきに

文型:〜向きに

[意味]
〜にちょうどいいよう / 〜に合っている

[接続]
N + むきに

[JLPT レベル]
N3

例文

・このコースは初心者向きで、滑りやすいようになっている。

・このコースは道が狭く、険しいので経験者向きだ。

・この食堂にはランチは安くて量が多く、学生向きだ。

・このゲームは暴力シーンが多いので、子供向きではない。

・う〜ん、デザインはカッコいいけど、仕事向きの服じゃないよなぁ。

「〜向けに」と「〜向きに」の違い

「〜向け」は特定の人を対象に意図して作られたり、書かれたりされるのに対して、「〜向き」は「〜にちょうど良い」という意味がある。

例文
  1. このアニメは子供向けに書かれた。
  2. このアニメは大人向きだ。

例えば、上の「このアニメは大人向きだ。」の場合、特に意図して大人のために作ったアニメということではなく、グロテスクな描写があったり、子供が見るのにはあまり良くない描写があるなどして、子供より大人が見るにはちょうど良いという意味がある。

この文型が使われている教科書

できる日本語 中級 第18課 地球に生きる
¥3,740 (2020/07/10 22:40:24時点 Amazon調べ-詳細)

関連する文型

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA