【JLPT N1】文法・例文:〜はおろか

文型:〜はおろか

[意味]
〜は当然として

[接続]
V(辞書形)+ のはおろか
N + はおろか

[JLPT レベル]
N1

[備考]
①後ろはマイナスのことがくる。そのため否定形が多い。
②硬い表現
③「〜さえ・〜までも、〜も」といった言葉と一緒によく使われる。

例文

ジェームスさんは1年日本語を勉強したのに、漢字はおろか、ひらがなさえ書くことができない。

James has studied Japanese for a year, but he cannot write even hiragana, let alone kanji.

彼は今のままでは進学はおろか、卒業さえもできない。

If he continues in his current condition, he cannot even graduate, let alone go on to higher education.

この会社には複合機はおろか、パソコンさえない。

This company doesn't even have a computer, let alone a multi-function printer.

私の家の周辺にはデパートはおろか、コンビニもない。

There are no convenience stores, let alone department stores, around my house.

20年生きてきたが、海外はおろか、自分の住む県から出たことすらない。

I have lived for 20 years, but I have never left my home prefecture, let alone gone abroad.

足を怪我してしまい、走ることはおろか、歩くことさえ難しい。

I have an injured leg and have difficulty even walking, let alone running.

事故で記憶を失った彼女は、住所はおろか、名前すら覚えていなかった。

She lost her memory in an accident and could not even remember her name, let alone her address.

私の国では正社員の仕事はおろか、アルバイトも探すのが難しい。

 In my country, it is difficult to find a part-time job, let alone a full-time job.

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA