【JLPT N1】文法・例文:〜はおろか

文型:〜はおろか

[意味]
〜は当然として

[接続]
V(辞書形)+ のはおろか
N + はおろか

[JLPT レベル]
N1

[備考]
①後ろはマイナスのことがくる。そのため否定形が多い。
②硬い表現
③「〜さえ・〜までも、〜も」といった言葉と一緒によく使われる。

例文

・ジェームスさんは1年日本語を勉強したのに、漢字はおろか、ひらがなさえ書くことができない。

・今のままでは進学はおろか、卒業さえ危うい。

・この会社には複合機はおろか、パソコンさえない。

・私の家の周辺にはデパートはおろか、コンビニもない。

・20年生きてきたが、海外はおろか、自分の住む県から出たことすらない。

・足を怪我してしまい、走ることはおろか、歩くことさえ難しい。

・事故で記憶を失った彼女は、住所はおろか、名前すら覚えていなかった。

・私の国では正社員の仕事はおろか、アルバイトも探すのが難しい。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA