【日本語ゲーム】福笑い

日本語を使ったゲーム・活動例

ゲーム:福笑い
活動:目隠しをしたプレイヤーが目や鼻、口などの顔のパーツを正しい位置に並べていくゲーム
対象:初級
人数:少人数から可

ねらい・Can - do

・顔に関する語彙、方向に関する語彙の練習

準備物

・福笑いに必要な顔のパーツ

イベントアイテム【昔なつかしおもちゃ】
¥644 (2020/08/11 16:35:43時点 Amazon調べ-詳細)

やり方

  1. グループを作る。
  2. 床に顔の輪郭が書かれた髪を広げる。
  3. プレイヤー(顔を作る人)は布などで目を隠して、その広げられた紙の前に座る。
  4. 他の人は、プレイヤーは顔のパーツを「これは目です。」のように言いながら渡し、「右」、「上」、「左」というように方向を指示して、誘導する。
  5. 全てのパーツが並べられたら、プレイヤーは目隠しをとる。
  6. 実際の顔と比較し、正しく並べられているか競う。
メモ
もう少し語彙を増やしたい場合は、④で「もっと上」や「もう少し下」のように程度を表す語彙も導入すると良いと思います。

日本語のゲーム・活動に役立つ書籍

    スポンサーリンク
    コメントを残す

    CAPTCHA