【JLPT N1】文法・例文:〜弾みに / 〜た拍子に

文型:〜たはずみに / 〜た拍子に

[意味]
〜したことで、つい・・・

ある事柄がきっかけとなって、「つい」、「うっかり」別の事柄が起こることを表す。

[接続]
V(タ形)+ 弾みに
V(タ形)+ 拍子に

[JLPT レベル]
N1

例文

・転んだ弾みに、頭を打ってしまった。

・後ろから誰かに押された弾みで、靴が脱げてしまった。

・何かの拍子で、突然電気が消えた。

・人とぶつかった拍子に、持っていたスマホを落としてしまった。

この文型が登場する教科書

上級で学ぶ日本語 第15課
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA