【JLPT N4】文法・例文:〜ような / 〜ように (例示)

文型:〜ような / ように(例示)

[意味]
具体的な例を挙げる時に使う

[英訳]
Used to explain something by showing an example.

[接続]
V(普通形) + ような / ように
Nの + ような / ように

[JLPT レベル]
N4

[備考]
話し言葉では「〜みたいな」を使う

例文

彼が持っているような鞄が欲しいです。

・彼はまだ小学生なのに、大人が読むような難しい本を読んでいます。

私は大阪のような賑やかな街が好きです。

・私は父のような真面目な人になりたいです。

チョコレートような甘いが大好きです。

・彼のように日本語が上手に話せるようになりたい。

・子供でもわかるように、わかりやすい言葉で説明してください。

・一度でいいから、王様のような暮らしがしてみたい。

比喩の「ようだ」と例示の「ようだ」の判別方法

「ようだ」よりも前に「まるで」と「たとえば」を置いてみる。

「まるで」が当てはまれば比喩、「たとえば」が当てはまれば例示。

比喩:  彼は(まるで)日本人のように、流暢な日本語を話す。
例示:(例えば)トムさんのように日本語が上手に話せるようになりたい。
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA