【JLPT N3】文法・例文:まるで〜みたいだ(比喩)

文型:まるで〜みたいだ

[意味]
"実際はそうではないが、そのように感じる”
他の物に例える表現(比喩)。「まるで〜ようだ」よりもカジュアルで会話で使う。

[英訳]
as if it were like / as if it were similar to
Used to like one thing to something else.

[接続]
まるで + N + みたいだ
まるで + N1 + みたいな + N2
まるで + N + みたいに + V / イA

[JLPT レベル]
N3

[備考]
「まるで」は省略して使うこともできる。

例文

・彼は日本人みたいに流暢な日本語を話す。

・息子はもう中学生なのに、一人で何もできないし、まるで赤ちゃんみたいだ

・ジェームスさんは歌がすごく上手だし、歌手のみたいだ

・このジュース、薬みたいな味がするよ。

・二人は仲がいいし、まるで兄弟みたいだ

・今日は風が強くて、まるで台風みたいな天気だ。

・娘さん、お人形みたいにかわいいね。

・まるで新品のみたいにピカピカだ。

・このお酒、ジュースみたいで飲みやすい。

・わぁ、この石きれい。ダイヤモンドみたい

・マイケルさんの首は、キリンみたいに長い。

・母は今、怒っていてと鬼みたいな顔をしている。

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA