文型:わけではない / わけじゃない

[意味]
全部が〜とは言えない。部分否定の「〜というものではない」と同じ意味で使われる。
また、直前のことから当然予想されることを婉曲的に否定するのにも用いられる。

[英訳]
It is not that ~ / not  necessarily / not always

Used to express partial negation, Also used to euphemistically deny what could naturally be expected from what is mentioned just before.)

[接続]
普通形 + わけではない

肯定(affirmative)否定(negative)
V行くわけではない行かないわけではない
イA安いわけではない安くないわけではない
ナA嫌いなわけではない嫌いじゃないわけではない
N風邪なわけではない風邪じゃないわけではない

名詞の接続は「Nなわけではない」と「Nのわけではない」の2通りある。


[JLPT レベル]

N3

例文

・このレストランはいつも込んでいるが、値段が安いわけではない

・明日は休みだが、暇なわけじゃない

・毎日、料理をするが、料理が上手なわけじゃない

・たくさんお金持があっても、幸せになれるわけじゃない

・アメリカに住めば、英語がペラペラになるというわけではない

・有名な大学を卒業した人が優秀だというわけではない

・他の会社へ転職したいという君の気持ちがわからないわけではない

・熱があるわけではなさそうだが、今日は休んだほうがいいよ。

・お酒が飲めないわけではないよ。ただ弱いんだ。

この文型が使われている教科書

中級へ行こう 第8課
スポンサーリンク