【JLPT N4】文法・例文:〜ように(目標・期待)

文型:〜ように(目標・期待)

[意味]
目標を実現させるために〜する

[英訳]
so that / in order to

[接続]
V(辞書形) + ように
V(ナイ形)+ ように

Vは無意志動詞(見える、聞こえる、わかる、なおる、可能動詞など)

[JLPT レベル]
N4

例文

・JLPTに合格できるように、勉強した単語や文法を復習します。

・ホワイトボードの字がよく見えるように、前の席に座ります。

・日本語を上手に話せるように、毎日シャドーイングをしています。

・日本語初級者でもわかるように、やさしい日本語で話します。

・来年、海外旅行ができるように、お金を少しずつ貯めています。

・友達が日本に留学できるように、祈っています。

・子供でも飲めるように、少しコーヒーを甘くしました。

・日本語で漫画が読めるように、毎日日本語を勉強しています。

・太らないように、甘いものは食べないことにしています。

・明日、寝坊しないように、今日は早く寝ます。

・誰にも気がつかれないように、こっそりと家を出た。

・忘れないように、メモをしておきます。

・地震が起きても慌てないように、家族との連絡方法を決めておきます。

・明日、遠足でしょ? ちゃんと、起きられるように今夜は早く寝なさい。

・おじいちゃんに聞こえるように、大きな声で話します。

「〜ために」と「〜ように」の違い

接続の違い

・「〜ために」は意志動詞と接続する。

・「〜ように」は無意志動詞と接続する。

ニュアンスの違い

・「〜ために」は目的を達成するという意志が強い。

・「〜ように」は目的を達成するために頑張って何かをするというニュアンスがある。また、「息子が試験に受かるようにお祈りする。」のようにお願いする時にも使う。

類似文型

この文型が登場する教科書

みんなの日本語2 第36課
4技能でひろがる 中級日本語カルテット1 第5課:和食のすすめ
スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA