【故事・ことわざ】犬に論語(いぬにろんご)



「犬に論語」の意味

意味犬に論語を説いても、少しもわからないので無駄である。
理解できない人には何を言っても無駄であることのたとえ
英訳It is useless to teach a dog the teachings of Confucius because he does not understand a bit of it.
= A metaphor for the fact that it is useless to say anything to those who do not understand.

例文

・彼は偏った考えしか持たないので、何を言っても犬に論語だ。

・ノーベル化学賞を受賞した方が講義をしてくださったが、僕らには難しすぎて犬に論語だった。

同じ意味・似ている意味のことわざ

関連書籍

コメントを残す

CAPTCHA