使用教材

みんなの日本語 初級2

できるようになること (Can-do)

・行為の目的や目的を達成するためにすることを表明できる。
・物の用途、評価が述べられる。
・何かをするのに必要な時間、経費が言える。

〜ために、〜

ポイント
・意志動詞の辞書形に接続する。(37課の「〜ように」は無意志動詞に接続する。)

導入:V(辞)ために

T:みなさん、毎日、日本語を勉強していますね。
T:どうして日本語を勉強していますか。目的は何ですか。
S1:日本で仕事をしたいですから
S2:日本人と結婚したいですから。
T:S1さんは日本語を勉強しています。目的は日本で仕事をする。です。
T:S1さんは日本で仕事をするために日本語を勉強しています。
T:S2さんは日本語を勉強しています。目的は日本人と結婚する。です。
T:S2さんは日本人と結婚するために日本語を勉強しています。

板書
日本で仕事をするために日本語を勉強しています。
日本人と結婚するために日本語を勉強しています。

T:「日本で仕事をするために」、「にほんじんと結婚するために」日本語を勉強しています。「〜ために」は目的を言う時に使います。

T:ためにの前は名詞、形容詞。動詞、何ですか?
S:動詞です。
T:動詞の形はなんですか。
S:辞書形です。
T:そうですね。

練習

●変換練習

T:食べます
S:食べるために

●結合練習

T:自分の店を持ちます。貯金しています。
S:自分の店を持つために貯金しています。

 

導入:Nounのために

T:みなさんは何かスポーツしますか。
S1:ジョギングをします。
T:どうしてジョギングをしますか。
S1:健康ですから
T:S1さんは健康のためにジョギングをしています。

T:みなさん、貯金していますか。
S:はい。
T:どうしてですか。
S:将来使うために貯金しています。
T:いいですね。「将来使うために貯金しています。」他の言い方があります。
T:「将来のために貯金しています。」です。

板書
将来使うために貯金しています。
=将来のために貯金しています。

T:将来は名詞、動詞、形容詞、何ですか。
S:名詞です。
T:そうですね。ためにの前が名詞の時、「名詞ために」になります。


〜は〜(の)に、〜

導入

*後日追記予定

〜(の)に〜かかります

導入

T:みなさんは毎日学校へ来ます。どのくらいかかりますか。
S1:1時間。
S2:30分。
T:S1さんは学校へ来ます。1時間かかります。
T:S1さんは学校へくるのに、1時間かかります。
T:S2さんは学校へ来ます。30分かかります。
T:S2さんは学校へ来るのに、30分かかります。

他のSにも質問する。

板書
学校へ来るのに、30分かかります。

T:(WBに漢字を書いて)じゃあ、今からこの漢字を覚えてください。覚えた人は行ってください。
S1:覚えました。
T:はい、S1さんはこの漢字を覚えました。2分かかりました。
T:S1さんはこの漢字を覚えるのに2分かかりました。

板書
S1さんはこの漢字を覚えるのに2分かかりました。

練習

●結合練習

T:パソコンを修理します。1万円かかります。
S:パソコンを修理するのに1万円かかります。

スポンサーリンク
関連キーワード